逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の販売や欲しい時の購入先はどこ?

逆マタニティ―マーク

 

「逆マタニティマーク」は名前の通り、マタニティマークの逆バージョン。

2020年12月、電車やバスのなかで妊婦さんに席を譲りたい人のため新しいマークができました!

正式名称は「席ゆずりますマーク」。

「逆マタニティマーク」と言って啓蒙活動を行っているのは、

“まずは妊婦さんに席を譲ることから始めよう!”

という発案者の方の思いがあるからなんです。

逆マタニティーマークが欲しい方、購入できる販売店や金額もご紹介!

 

逆マタニティマーク=席ゆずりますマークとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 妊婦さんに席を譲りますマーク (@sekiwoyuzuru) on

 

電車やバスで妊婦さんに席を譲りたい人が、意思表示のためカバンなどに身に付ける

「席ゆずりますマーク」

がSNSを中心に話題です。

 

「席ゆずりますマーク」は、お腹に赤ちゃんがいる「マタニティマーク」のイラストに、

「席ゆずります 声かけてください」

と書いてあるため、マタニティマークに気づかれず、辛い経験をする女性は多く、

席を譲る側も、気持ちがあってもシャイなために声をかけられなかったりすることもあります。

 

そんな「「逆マタニティマーク」とも呼ばれています。

 

通勤電車などで譲って」ほしい側に対して、譲りたい人が意思を示すことで、

知らない人同士が遠慮なく声を掛け合えるきっかけになるのが、このマーク。

 

「席ゆずりますマーク」は、将来的には、妊娠中の方だけでなく、高齢者や障害がある人など、

公共の場で席を必要としている全員が、周りの配慮を得られるようなマークに発展することを目的としています。

 


逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の販売や欲しい時の購入先は?

 

逆マタニティマークは、「マタニティーマーク」の利用許可を厚生労働省から得てデザインに採用し、非営利で運営しています。

 

現段階では個人で1個づつ作成されているため、ニュースなどで紹介されたとたんに売り切れ状態に。

 

誰かの役に立ちたいという思いやりの輪が広がるのは素晴らしいことなので、

安定供給されるまで待ちましょう!

 

逆マタニティーマークの公式販売店はこちら。

 

お支払いも、クレジットカード以外に、後払いも受付けています。

 

将来的には、楽天やAmazonなどでも購入できるようになるといいですよね。

 

逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の金額

 

逆マタニティ―マークのデザインは、基本的に1種類のみ。

 

妊娠中を示すマタニティーマークの利用許可を厚生労働省から取得しデザインに採用。

「席ゆずります 声かけてください」

とメッセージを添え、関東や関西の鉄道路線のイメージカラーに合わせて、計十二種類あります。(2020年2月現在)

 

アクリル素材のタグ型のキーホルダーで、実費380円+送料120円で、実費相当分の非営利で取り扱っています。

 

他にも、寄付が一緒にできる500円の商品や、大サイズ580円など、

活動の輪が広がるほど、今後さらに商品ラインナップは増えそうです。

 


逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の無料配布先

 

現時点で、無料配布されている自治体・団体は無いようです。

 

今後、企業や自治体単位でも支援の輪が広がれば、ヘルプマークのように、駅や公共機関で無料配布される可能性もあります。

 

将来的には、逆マタニティマークを、もっと気軽に手に入れることができるようになるといいですね!

 

逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の考案者

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 妊婦さんに席を譲りますマーク (@sekiwoyuzuru) on

 

逆ヘルプマークを考案されたのは、育児休暇だった会社員の

椎野祐輔(しいのゆうすけ)さん。

 

きっかけは、奥さまが妊娠9か月のときでした。

 

ご夫婦で電車に乗った際、あいにく車内の座席はいっぱいだったところ、

席をゆずってくれたのは、優先席に座っていたお年寄りの女だったとか。

 

このとき、椎野さんは

「周りには若い人も座っていのに、なぜ彼らは席をゆずってくれなかったんだろう?」

と考えるうち、

「声をかける勇気がなかったのかもしれない」

「言いだすのにタイミングが悪かったり、勇気が出なかったり、そういう人たちのほうが多いんじゃないか」

と思うようになったそうです。

 

「譲られる側の立場から『譲ってください』と声をかけるのは、とてつもない勇気が必要。

一方、座っている側の人も決して『譲りたくない』と思っているわけではなく、実は譲るのにも勇気が必要です」

「この経験をきっかけに、妊婦さんが席に座りやすくなる、座っている人も席を譲りやすくなるにはどうすればいいかを考え、『妊婦に席を譲りますマーク』を思いつきました」

http://sekiwoyuzuru.starfree.jp/

 

譲ってほしい人はマタニティ―マークで意思表示をしているのに、

譲りたい人は、その気持ちを発信できずにいる。

 

そんなミスマッチな状態を埋めるため、お互いに声を掛けやすくしようと思い立った椎野さん。

 

2019年12月、逆マタニティ―マークを考案したところ、SNSを中心に共感の輪が広がっていきました。

 

椎野さん曰く、このマークは、妊婦さんだけが対象ではありません。

 

妊婦さんだけではなく、高齢者・乳幼児連れ・身体が不自由な方など、

席を必要としている皆さんが救われるマークへ発展することを、将来の目標にしています。

 

逆マタニティマークと同じ趣旨マークは他にもある!

 

マタニティマークを兼用するマークとして、赤色のヘルプマークがあります。

 

ヘルプマーク」は、JIS(案内用図記号)にも登録されて、関連グッズなどもネット販売されています。

 

ヘルプマークは、電車など公共の場で

  • 義足や人工関節の人
  • 妊娠初期の人
  • 知的障害のある人
  • 精神疾患の人

など、外見からの不自由さが分からない方々全般に、周りの人が支援の声を掛けやすくするためのもの。

 

そして、その“逆”である

「席を譲ります。気軽に声を掛けてくださいね」

という、助けたい側の気持ちを周りに伝えるマークは、逆マタニティマーク以外にもあります。

 

サポートハートマーク

 

サポートハートマークは、ヘルプマークの逆バージョン。

 

 

 

大きなハートマークを人が支えたデザインのマークで、

主に福祉関連を学ぶ学生で構成された団体です。

 

公式ホームページはこちら

 

逆マタニティマーク(まだ考案段階)

 

赤色のヘルプマークの逆バージョンとして、緑色の逆ヘルプマークも、現在考案中。

 

発案者は、静岡県在住の小学生の女の子で、すでに静岡県議会の本会議では前向きに検討中なんだとか。

 

ただ、赤色のヘルプマークの著作権が東京都あることなどもあり、現在は考案の段階です。

 

▼詳しくはコチラ▼

ヘルプマーク

緑色の「逆ヘルプマーク」とは?購入・入手方法や配布場所はどこ?郵送もあり?

2019年11月27日

逆マタニティマークが欲しい声多数!世間の反応は?

 

 

 

 

逆マタニティ―マークは、ニュースで取り上げられて以来、多くの方が賛同。

 

購入したい!という声が多く広がっています。

これからも、もっと多くの方に知ってもらうようにしたいですね。

 

逆マタニティマーク(席ゆずりますマーク)の販売や欲しい時の購入先まとめ

 

マタニティマークを付ける妊婦の奥さまの気持を代弁し、気遣うからこそ生まれた逆マタニティーマーク。

「助けたい側」の気持を代弁するツールとして、まずは知名度のあるマタニティ―マークに絞ったことで、

SNSを中心に多くの共感を呼んでいる、逆マタニティ―マークこと「席ゆずりますマーク」。

現在はまだ無料配布などはしておらず、公式販売ショップのみの取り扱いですが、

どんな形やマークであれ、何かがきっかけになって思いやりの気持の輪が広がることは素晴らしいことですね!

ヘルプマーク

緑色の「逆ヘルプマーク」とは?購入・入手方法や配布場所はどこ?郵送もあり?

2019年11月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です