広告の表示がブロックされています。

 

官製(郵便)はがきと年賀はがきの違い。

この二つは『年賀』という印字がもともとあるかないかの違いだけで、

相互に使いまわすことも可能です。

つまり、官製(郵便)はがきに『年賀』と書けば年賀状として使えますし、

逆に余った年賀はがきを、官製(郵便)はがきのように懸賞応募に使うこともできます。

書き損じて投函できなくなった&未使用になってしまった年賀はがきも、

印字されている切手代が無効になるわけではないので、郵便局で官製はがきに交換してもらうことが出来ます。

・官製・郵便・通常・年賀はがきの違いは?
・私製はがきとは?
・年賀はがきと年賀状の違いとは?

などまとめてチェック!

広告の表示がブロックされています。

官製(郵便)はがき・年賀はがきの違い

 

郵便局で販売しているはがきで、切手がすでに印刷されているハガキといえば

  • 「通常はがき」
  • 「官製はがき」
  • 「郵政はがき」
  • 「郵便はがき」

などなど、いろんな呼び名がある「はがき」ですが、

呼び方が違うだけで、全て同じものです

種類 概要 発行元 別途切手購入
私製はがき 私的に製作されたはがき 誰でも作成可 必要
通常はがき 「官製はがき」「郵政はがき」と同じ意味。郵便局ホームページでは「通常はがき」で呼び方を統一 郵便局 不要
官製はがき 「郵政はがき」へ改称の呼び方
郵政はがき 「官製はがき」の改定の呼び方
郵便はがき 郵便局で扱うすべての「はがき」が対象になるので意味が曖昧

関連:官製はがきはコンビニで買える?切手不要のハガキの違いも!

 

年賀はがきは、官製はがきに『年賀』と印字されたはがきなので、

年賀はがきは官製はがきの種類の一つ

と言えます。

 

それに対し、自分で切手を貼って投函するハガキは私製はがきと言うため、

「私製はがき」を、お正月の挨拶状として出せば、それは「年賀状」になります。

 

「年賀はがき」と「年賀状」の違いは?

 

ちなみに、

「年賀はがき」と「年賀状」

は多くの方が混同していますが、厳密には2つは同じ意味ではありません。

 

「年賀はがき」は郵便局が年賀状用として売り出しているはがきの商品の一つで、正式名称は

《お年玉付き年賀はがき》

と言います。

対して「年賀状」は、本来の意味としては新年の挨拶状のこと全般を意味します。

 

年賀はがき

郵便局が発行している《お年玉付き年賀はがき》の商品名の意味。

年賀状を送る専用のはがきとして日本郵便が販売。

 

年賀状

新年の挨拶状全般の意味。「年賀はがき」でも「官製はがき」でも「私製はがき」でも、年賀状と言う。

 

ほとんどの人は、年賀状を送るときは《お年玉付き年賀はがき》を使って年賀状を作成しているため、

年賀はがき=年賀状と同じ意味で表現することも多いですが、

販売側の郵便局の人はこの2つは明確に区別しています。

 

広告の表示がブロックされています。

官製はがき・年賀はがきのサイズ(インチ)・値段は同じ

 

サイズ・値段(63円)は同じ

 

官製はがき・年賀はがきはサイズも全く同じ。

  • ㎜)100 × 148 ミリ
  • ㎝)10 × 14.8 センチ
  • inch)約 3.94 × 約 5.83 インチ

です。

 

2019年10月1日からの消費税10%増税に伴い、

・手紙(定形郵便物)は82円⇒84円

・はがきは62円⇒63円

・往復はがきは124円⇒126円

に、郵便料金がそれぞれ値上がりしました。

年賀はがきの値段も、2019年から1円上がり2020年用は“63円”に。

 

用途について

 

「年賀はがき」という名前の通り、通常使う場合は用途に違いがあります。

 

名称 用途
官製はがき(通常はがき・郵便はがき) 何にでも使えます(懸賞、喪中欠礼など)
年賀はがき(年賀状) 年賀状を送りたい時

官製はがきは、投函すれば365日そのまま振り分けられて配達されます。

 

いっぽう年賀はがきは、年末に事前に投函しても元旦に配達するように保管されます。

 

広告の表示がブロックされています。

年賀はがきを官製はがきとして使う時

 

年賀はがきは、言ってみれば

“お正月のデザインとお年玉クジが印字された官製はがき“

と言えます。

 

なので、年賀状のシーズンを過ぎてしまっても、切手部分(料額印面)無効になることは無いので、

そのまま官製はがきのように使えます。

 

ただ、知っている人に対して(とくに喪中はがきとして)使う場合は

「格好悪い」

「マナーとして良くない」

と考える人が多いため、懸賞応募などの用途に使う人が多いようです。

 

官製はがきを年賀はがきとして使う時

 

官製はがきも、もちろん年賀状として出すことができます。

 

ただし、官製はがきで年賀状を送る際には、

表面に赤字で「年賀」

と目立つように書く(印刷も可能)のがポイントです。

年賀状

 

通常のハガキと間違われないように

  • 切手下に大きく縦に「年賀」と書く
  • 年賀状用の投函ポストに入れる

という配慮も忘れずに!

 

広告の表示がブロックされています。

例1)官製はがき→年賀はがきに交換したい

 

官製(通常)はがきを、年賀状に交換はできるでしょうか。

Q)通常のはがきや切手を年賀はがきへ交換できますか?

A) 申し訳ございませんが、交換できません

郵便局・よくある質問

 

この場合は交換できませんので、年賀はがきは新規に購入する必要があります。

 

例2)使用の年賀はがきを「無料」で交換したい

 

年賀はがきを、官製はがきに無料で交換したいときは、つぎの2つのケースがあります。

 

近親者の不幸による服喪が理由の場合

 

近親者が不幸にもお亡くなりになってしまった場合、

販売期間内に申し出れば、手数料無料で交換可能です。

(※販売期間とは、毎年ごとに発表されます。例えば2018年度用は2017年11月1日~2018年1日5日まで)

交換できる切手類の種類はこちらの郵便局サイトもご参考。

 

誤って種類の年賀はがきを購入した場合

 

誤って年賀はがきを購入してしまった場合は、

未使用で、本年度の販売期間内であれば、手数料無料で他の種類の年賀はがきと交換可能です。

(四面連刷と広告付きのものは対象外)

 

例3)年賀はがき→官製はがきに交換

 

書き損じた年賀はがきだけでなく、書き損じた官製はがきやレターパック・不要の切手などは

1枚につき5円の手数料で、

所定の切手類と交換できます。

 

例えば、52円の年賀はがきを63円の官製はがきに交換したい時でも、

差額11円プラス一枚につき5円の手数料

を払わなければなりません。

 

▼交換手数料について詳しくは▼

書き損じはがき交換の手数料計算方法!切手支払いで相殺できる?

 

官製(郵便)はがき・年賀はがきの違い!サイズ(インチ)や種類まとめ

 

「官製はがき」とは、「通常はがき」「郵便はがき」とも言われ、郵便局が発行している切手が印字されたハガキのこと。

「年賀はがき」は「官製はがき」のお正月用として、年末年始に決められた期間内のみ販売されるはがきなので、官製はがきとサイズや値段は同じです。

書き損じが発生してしまっても、印字されている切手代が無効になるわけではないので、交換手数料5円はかかりますが郵便局で新しいものと交換ができます。

年賀はがきは2020年用より63円に料金改定されています。

投函時は切手部分(料額印面)を確認し、不足分の切手を忘れずに貼って投函してくださいね!

郵便ポスト

書き損じはがき交換は個人情報が心配?団体に寄付するときの注意点

2020年5月28日
郵便ポスト

官製はがき(無地63円)はコンビニで買える?切手がいらないハガキとの違いも!

2020年5月28日
広告の表示がブロックされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です