年賀状って、毎年つい多めに準備してしまい、余ってしまうことがありますよね。

そしていつの間にか、古くて昔の年号の未使用の年賀状もどんどんたまってしまいます。

そんな時「もう使わないから…」と捨てるなんてもったいない!

古い昔の年賀状も未使用の年賀状も、まとめて“書き損じはがき“として、

1枚あたり5円の手数料で、郵便局で交換可能です。

ただし、場合によっては「無料」で交換してもらえることも。

未使用の年賀状や書き損じたはがきは、絶対に破棄せず

新しい「切手」や「はがき」に、郵便局で交換してもらいましょう!

そして、意外と知られていませんが、書き損じの交換手数料は、

現金だけでなく、お家に余っている「切手」でも支払うことができます!

 

古い昔の年賀状!未使用は期限いつまで交換できる?

 

お部屋の掃除をして出てきた、未使用のままの、古い年号の年賀状。

“10年前のお年玉はがき、もう使わないから捨てていいかな…”

なんて思ったあなた。

 

めちゃくちゃもったいないことしていますよ!

 

そんな時は、郵便局で手数料(1枚につき5円)を払えば、

期限無しで、同等金額の新品の商品に交換できます。

 

古い昔の年賀状!書き損じ交換手数料は1枚5円

 

年賀状やかもめ~るなどのハガキは、正式には

《くじ引き番号付きはがき》

と言う商品名。

 

毎年のように

  • 印刷ミスで残ってしまった
  • 名前の書き間違い
  • 印刷がズレてしまった
  • 未使用のまま月日が経った

など、毎年「書き損じ」になる可能性が高いハガキ類ですよね。

 

これらの、投函していない年賀状は、すべて「書き損じ扱い」となり、

1枚あたり5円の手数料がかかりますが、“新品の商品“に交換できます。

 

“新品の商品”とは、

  • 新しい年賀状
  • 通常切手
  • 通常はがき
  • 往復はがき
  • 郵便書簡(ミニレター)
  • 特定封筒レターパック

など、受け取るのは年賀状じゃなくてもOK。

 

そして、手数料を支払えば、書き損じに交換の期限はありません。

 

毎年の年末年始の年賀状の販売期間内であれば、新しい年賀状とも交換できます。

※ただし、過去年度の年賀状を「今年度分の年賀状」として交換することはできません。

 

  • 書き損じで受付できるもの(窓口に持参するもの)
  • 書き損じで交換できるもの(窓口で渡すもの)

について詳しくは、郵便局のホームページで確認できます。

 

 

注意:郵便局では現金には換えてくれないので「どうしても現金に換えてほしい」という方は、金券ショップや買取専門サイトで相談してみましょう。

未使用の年賀状や書き損じはがきを、1枚20円~40円で買い取ってくれるところもあります。

詳しくはコチラ▼

郵便ポスト

書き損じはがき交換の手数料計算方法!切手支払いで相殺できる?

2020年5月26日

 

年賀状が喪中になってしまった時は無料で交換可

喪中はがき

ちなみに、近親者の不幸などで、用意していた年賀状(未使用、印刷済みどちらでも)が急に使えなくなっても、

消印が無ければ「書き損じ」として、別の種類の年賀はがきや、通常ハガキなどに無料で交換してもらえます。

 

ただし、無料になるのは、毎年の年賀ハガキ販売期間内に限ります。

場合によっては、亡くなった方のお名前を書くなど、簡単な書類提出が必要になります。

 

 

年賀状は「誤購入」の場合も無料で交換可

 

毎年の年賀状などの《くじ引き番号付きはがき》は、

誤って別の種類の年賀はがきを買った場合でも、その年の販売期間中

(例:2021年元旦用であれば2020年11 月上旬から2021年1月5日ごろまで、毎年の詳しい期間は郵便局ホームページにて確認)

であれば、無料で交換してもらえます。

 


未使用の年賀状、当選発表終了後に書き損じが吉!

年賀はがき

年賀はがきといえば、お年玉付き年賀状。

 

多めに購入して結局使わなかったお年玉付き年賀状は

早めに「書き損じ」として切手などに交換したいところですが、

未使用の年賀状や書き損じたはがきでも、お年玉付き年賀はがきが当選していれば、もちろん賞品と引き換えることができます。

 

 

書き損じの交換に期限はないので、切手や普通郵便はがきに交換するのはいつでも可能。

 

お年玉はがきは、一等なら10万円相当です!

 

交換した年賀状が「実は当選番号だった」という損な事態にならないように、

未使用の年賀状や書き損じのはがきは、お年玉の抽せん日以降に交換するようにしましょう。

 

古い昔の年賀状!未使用は期限いつまで交換OK?まとめ

 

古い昔の印刷済みの年賀状や、未使用の書き損じはがきは、期限なく新しいハガキや切手などに交換できます。

手数料(持ち込みハガキ1枚につき5円)を支払うことで、いつでも最寄りの郵便局で交換してもらえます。

用意していた年賀状が、喪中になってしまったり、誤購入してしまった場合は、

毎年の年末年始の販売期限内のみ「無料」で交換可能です。

古くてボロボロ・料額印面が汚れすぎていると交換できない場合もありますが、まずは郵便局に持参して聞いてみてくださいね。

郵便ポスト

官製はがき(無地63円)はコンビニで買える?切手がいらないハガキとの違いも!

2020年5月28日
郵便ポスト

書き損じはがき交換の手数料計算方法!切手支払いで相殺できる?

2020年5月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です