クラウチングスタートの歴史や意味は?なぜ早くなるの?

 

短距離スタートの定番ともいえるクラウチングスタート。

『クラウチングスタート』(crouch start)

って、そもそも最初に発案した人はだれ?

どんな意味や歴史があるんだろう?

じつは、クラウチングスタートには、スポーツの知られざる歴史が隠されています!

 

クラウチングスタートcrouch startとは

クラウンチングスタート

クラウチングスタート(英語:crouch start)とは、陸上競技の400m以下の短距離種目で行われるスタート。

英語の『crouch』(発音クラァゥチュ)は、『かがむ、しゃがむ』という意味です。

クラウチングスタートは、手は地面につき一般的にはスターティングブロックを用いて利き足を前にかけた姿勢でのスタートをいう。

対義語はスタンディングスタート。

第一回オリンピックのアテネオリンピックにおいてトーマス・バークが使用して男子100m走で優勝し、広く知られるようになった。wikipedia

 

第一回オリンピックのアテネオリンピックが行われたのは、1896年。

なので、クラウンチングスタートはすでに130年以上も歴史があるということですね!

 

アテネオリンピック男子100M走でアメリカ・トーマスバーグ選手が

公式の場でクラウンチングスタートを唯一で最初にやった人物。

 

もちろん、バーグ選手が以外全員は、スタディングスタートでした。

バーグ選手が、見事に金メダルを獲ったことから

「あの独特なスタートのポーズは何なんだ!?」

となり、大流行。

 

そして、第二回以降のオリンピックからは、ほとんどの選手がクラウンチングスタートを取り入れるようになり、

現在のように

“短距離走スタートの定番スタイル”

となっていったのだそうです。

 

クラウチングスタートは「カンガルーのまね」

 

じつは、クラウチングスタートについては、

人気番組『チコちゃんに叱られる!』(2020年7月3日放送)でも取り上げられたことがありました!

5才のチコちゃんの答えはズバリ

「クラウチングスタートはカンガルーの真似!」

 

…ってどういうことなんでしょう?

 

番組内でくわしく解説してくれた人

陸上競技の歴史を研究している
立命館大学名誉教授
岡尾惠市氏

 

クラウチングスタートの歴史と考案者

 

じつは、クラウチングスタートの考案者は、

リチャードクームズというスポーツジャーナリストでした。

 

リチャード・クームスRichard Coombes

(1858年3月18日 – 1935年4月15日)

オーストラリア出身のスポーツジャーナリスト、

「アマチュア陸上競技の父」と言われている。

 

17-18世紀のスポーツ競技は、スタンディングスタートが主流で

スタート方法について、まだ研究がされていなかった時期。

そこで、リチャードクームズによって、

(人間と同じ二足歩行の)カンガルーの走り方

にヒントを得て考えられたのだそうです。

 

クラウンチングスタートで早く走れる理由

カンガルー

カンガルーの走り方は、前傾姿勢になって、低い姿勢から重心を前に移すことで、

起き上がるように一歩目が出せます。

重心が前にあるほど、地面をける力が前方へ大きく働くため、

走り出してからスムーズにトップスピードに移行できるのですね。

 

短距離競技ではお馴染みとなったクラウンチングスタート、

意外にも、人間と近い動きの二足歩行のカンガルーの走り方にヒントを得ていたなんて、面白いですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です