学資保険の代わりになるものは貯金だけ?終身保険や投資信託は?

学資保険-

 

子供ができると必ず必要になる、教育費。

教育資金を準備する方法として最初に思い浮かぶのは、

学資保険ではないでしょうか。

小さい子供がいる友達は、みんな入ってるし、生まれてすぐ0歳で入るものなんでしょ?よくわからないけど入っておこうかな…

でも、ちょっと待って!

本当にその学資保険、必要ですか?

学資保険以外にも、

子供の将来に備える方法はあります!

それが

  • 貯金
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 運用(投資信託)

です。

さっそく、学資保険以外に、子供の教育資金を準備する方法をご紹介しましょう。

 

学資保険の代わりになるもの1)やっぱり貯金でコツコツ

 

学資保険の代わりになるもの…といえば、やはり

一つ目は、貯金です。

 

口座や貯金箱にコツコツ積み立てていく方法ですね。

 

言うまでも無く、貯金なら返戻率や払込期間などに悩む必要が無く

保険会社に連絡したり、申込書を書いたりといった

面倒なことは一切せず今日からでも実践できる、

一番カンタンで堅実な、教育資金の準備方法です。

 

貯金で教育資金を準備するメリット

 

貯金で教育資金を準備するメリットは

  • 積立金額を自由に決められる
  • いつでも引き出すことができる

という点があります。

 

学資保険は契約時に満期保険金額や払込期間、受取時期を決め、

一定の金額が決められた日に口座から引き落とされます。

 

ですから、今月ちょっと厳しいなというときも

容赦なく口座からお金は引き落とされます。

 

しかしこれが貯金であれば、今月はお休みしようとか、

今月は余裕があるから多めに積み立てとこう、といった融通が利くわけですね。

 

また、いつでも引き出すことができるので、

小学校入学時、中学校入学時など、必要になったタイミングでお金を使うことができます。

 

貯金で教育資金を準備するデメリット

 

貯金でコツコツのデメリットは

  • いつでも引き出せるため貯まりにくい
  • 親に万が一のことがあったとき、貯金できなくなる

です。

 

積み立てる金額も自由、引き出すタイミングも自由なので、

まとまった金額を貯めるには強い意志が必要です。

 

また、万一親であるあなたが、

  • 病気
  • 事故
  • 突然のリストラ

などで働けなくなったりして、決めた額の貯金を継続することができなくなれば、

教育資金の準備はできなくなります。

 


学資保険の代わりになるもの2)「低解約返戻金型終身保険」

 

保険の相談窓口や、ファイナンシャルプランナーに話を聞くと、

「学資保険の代わりに終身保険がいいですよ」

といわれることも多くあります。

 

この場合の終身保険とは、正確には

 

『低解約返戻金型終身保険』

読み方:ていかいやく へんれいきんがた しゅうしんほけん

 

のことです。

 

終身保険とは、

死亡保障が一生涯続く生命保険のこと。

 

その終身保険のなかでも低解約返戻金型というと、

保険料を支払い中に解約したら

戻ってくる金額を低くすることで、

通常よりも保険料を安くしているタイプの保険です。

 

低解約返戻金型終身保険の保険料払込み期間を短く設定して、

子供が大学に入学する前に保険料の支払いを終えておけば、

 

解約返戻金

(読み方:かいやくへんれいきん)

 

を教育資金として使うことができます。

 

低解約返戻金型終身保険のメリット

 

  • 保険料払込期間中に親に万一のときに死亡保険金が受取れる
  • 学資保険よりも返戻率が高いことも
  • 子供の年齢に関係なく加入できる
  • 解約しなければそのまま親の終身保険として残しておける

 

です。

低解約返戻金型終身保険のデメリット

 

デメリットは

  • 学資保険よりも返戻率が低いことがある
  • 親の健康状態によっては加入できないことがある

です。

 

返戻率については、加入条件によって変動するので注意が必要です。

 

検討する際は、

  • 経過年数(保険に加入した年数)
  • 払込保険料(すでに払った保険料)

によって解約返戻金は変わってくるので、色んなパターンで複数の商品を比較した方がいいですね。

 


学資保険の代わりになるもの3)「外貨建て終身保険」

 

外貨建て終身保険とは、

日本円ではなく外貨(米ドルや豪ドルなど)をベースにして作られている、

一生涯死亡保障が続く生命保険です。

 

仕組みは円建て終身保険と同じですが

外貨をベースにしているため、解約返戻金や死亡保険金は外貨で支払われ、

そのときの為替レートで換算された日本円で、受け取ることになります。

 

外貨建て終身保険のメリット

 

外貨建て終身保険のメリットは、

  • 日本円の終身保険より利率が高い
  • 解約時に円安になっていれば解約返戻金が増える

です。

 

外貨建て終身保険のデメリット

 

外貨建て終身保険のデメリットは、

  • 為替が変動することにより支払う保険料が変動する
  • 解約時の為替レートによっては解約返戻金が減ることがある

です。

 

外貨建て終身保険は円建ての終身保険に比べて

貯蓄性は高いですが為替レートの変動によって、

受け取る金額が増えることもあれば、減ることもあります。

 

このようなリスクがあることを十分理解した上で

加入する必要がありますね。

 

学資保険の代わりになるもの4)「投資信託」

 

資産運用と聞くと、株や国債、FXなどが思い浮かびますが、学資保険の代わりに検討されるものに、

投資信託

があります。

 

投資信託のメリット

 

投資信託のメリットは

  • 学資保険や終身保険よりも利回りが高くなる可能性がある

です。

 

投資信託のデメリット

 

投資信託のデメリットは

  • 元本割れのリスクがある
  • 最後まで金額が確定しない

です。

 

投資信託は経済や世界情勢の影響を受けるので

子供が大学に進学するまでに運用がうまくいっていれば

大きなリターンが期待できます。

 

その反面、運用がうまくいかなければ、投資した金額より減ることもあります。

 

貯める、というよりも、増やすことを目的とする面が大きいので

教育資金は別に確実な方法で用意し、

あくまで、余剰資金で+αの増額を期待した方が良さそうですね。

 

学資保険の代わりになるものは貯金だけ?終身保険や投資信託まとめ

 

学資保険のかわりになるものは

  • 貯金
  • 終身保険
  • 外貨建て終身保険
  • 運用(投資信託)

の4つ。

貯金のやり方は人それぞれですが、

各保険会社によって条件や利率もさまざま。

 

必要に応じて引き出すことができるか。

確実に継続できるか。

返戻率の高さか。

 

正解は一つではありません

 

それぞれのメリットデメリットを考慮して

あなたの家計にあった方法で、将来のためにしっかり備えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です