離乳食をぐちゃぐちゃにして食べない&イライラはいつまで?乗り切る対策も!

離乳食イライラ

 

赤ちゃんが自分で食べようとするいわゆる「手づかみ食べ」の時期は、

だいたい離乳食後期~離乳食完了期、

1歳になる直前の、だいたい9~10ヶ月頃ではないでしょうか?

でも、手でぐちゃぐちゃにされて全然食べてくれない…!

と、焦ってイライラする時期は、誰にでもあります。

パパやママにとっていちばん大事なことは、

  • 子供に食事の手本を見せること
  • 子供との食事を親が楽しむこと

です。

そんな風に思えるようになるまでに、

私がやった、ぐちゃぐちゃに対処した経験をお話します。

 

生後10か月の娘が離乳食を急に食べなくなった?生後1歳未満の食事事情

 

おっぱいのみの生活からやっと解放され、

離乳食にもだいぶ慣れて、色々なものを食べるようになった10ヶ月の娘。

 

ベビーチェア(ハイローチェア)に座らせて、いつも、私が口元へ、スプーンで運んで食べさせていました。

 

離乳食も順調に進んで、全粥 ⇒7分粥 ⇒5分粥…

 

野菜もパクパク食べてくれていたので、もうすぐ大人と同じものも食べられる!と、期待を抱いていたのですが…

 

そんなある日、いつものように離乳食を口に運ぶと、

プイ!!

とされて、あらら…?

いつも食べさせているメニューなのに、何かがとつぜん、気に入らなくなった様子。

 

そして、その日以来、何でも「手づかみ食べ」をしないと気が済まない、

離乳食ぐちゃぐちゃにモンスターに変身してしまったんです( ;∀;)

 

指先の使い方がうまくなり、小さいものでもつまめるようになった娘は

私がどんなにスプーンで口に運んであげても、無視、ムシ、むしッ!

 

とにかく自分の手で、食べるものを運びたい様子。

 

そんな娘に、スプーンを自分の手に持たせて、食べる練習をさせてみよう考えました。

 

最初に私がすくう見本を見せて、

「はい、どうぞ~」

スプーンを渡します。

 

すると!!

食べ物をすくうどころか、

スプーンでテーブルをガンガンガン!!!

こぼれるお粥、

転がる煮豆、

そして、テーブルや床周りは、離乳食でぐちゃぐちゃに…

 

私の心はポッと折れてイライラ度アップ!

はぁ、もうなんてことを!!!

 

慌ててスプーンを取り上げたら、即ギャン泣き。

 

ひとまず、テーブルの上を片付け、やっぱり、根気よく私が食べさせることにしました。

 

ところが、一度、スプーンの魅力を知ってしまった娘。

 

私の手からは、二度と食べません。そして、スプーンをもぎ取ろうとします。

 

私の手からは食べないし、

自分で口にも運べないし、

スプーンを渡せば食べずにガンガン遊ぶし…

もー!一体どうすれば食べてくれるの!!?

 


赤ちゃんが離乳食をぐちゃぐちゃにしてする理由

 

離乳食を作るのって、

食材は細かく刻んで、味付けに気を遣って、使う器具や食器を熱湯消毒して…

 

そんな風にとても手間がかかる割には、赤ちゃんは思うように食べてくれません。

 

何故かというと、赤ちゃんにとって

食べ物=はおもちゃ

だから!

 

目の前のものは、食べ物であろうと何であっても、

見た目、手触り、全てが魅力的なんですよね。

 

自分で食べたい!

 

離乳食が進んでくると、赤ちゃんは

「自分で食べたい」

「自分の手で触りたい」

という自立した意欲的な心も芽生えだします。

 

その結果、実際に離乳食を手で触って、感触を確かめながら、ぐちゃぐちゃにするという行動につながるのですね。

 

 

見て触って感じて、成長している証

 

赤ちゃんは実際に手で触ってみることで、

食材の固さや味、手触りなどを、自分で触って学びます。

 

離乳食もその一つ。

 

「手づかみ食べ」は、手で食材の形を確認することで、感触のコントロールを学んでいます。

 

たとえば、にんじんは力強く握っても崩れにくいですが、お豆腐は握るとすぐに崩れてしまいますよね。

 

温かい食べ物や、冷たい食べ物の温度を、口に運ぶ前に手で感じられるので、感覚機能も発達させることにつながります。

 

実際に保育現場で見られる現状として、

「手づかみ食べを十分に経験した子は、その後のスプーンやお箸への移行がスムーズ」

と言われていて、ぐちゃぐちゃ手づかみ食べが、いかに成長過程に重要なのかが分かります。

 

手づかみ食べを十分にした子の方が、結果的に好き嫌いが無く食事に対して積極的とも言われます。

 

赤ちゃんが離乳食をぐちゃぐちゃにするのには、こういった理由があったんですね。

 


赤ちゃんの離乳食ぐちゃぐちゃはいつからいつまで続く?

 

赤ちゃんが離乳食をぐちゃぐちゃにして手づかみで食べる時期は、

個人差があるため、具体的にいつまでとは言えません。

 

一般的には、離乳食後期~離乳食完了期まで、と言われていて、

月齢で言うと、だいたい9カ月~11ヶ月の離乳食後期ごろから。

 

でも実際は、離乳食完了後も、手づかみ食べは継続する子もいます。

 

子供自身も、だんだんと

「離乳食で遊んだら次はもらえない」

「遊ぶよりお腹が空く」

ということがわかってきて、しっかり食べるようになってきます。

 

積極的に手づかみしようとする子もいれば、

食材の感触を嫌がって、なかなか手づかみ自体、しない子もいます。

 

ぐちゃぐちゃにされてると、親はついイライラしてしまい、手づかみを止めようとしてしまいますが、

「手づかみをしたい!」

という子には、なるべく積極的に手づかみをさせてあげ、

苦手な子には無理強いせず、手がベトベトになりにくいものから徐々にスタートしてみましょう。

 

ぐちゃぐちゃがエスカレートしたら?

 

赤ちゃんの食事事情は、その日の気分次第で、周りはあたふたあたふた。

 

でも、赤ちゃんが離乳食に興味を持って、ぐちゃぐちゃにして遊んでいる段階で、すぐに止める必要はありません。

 

しかし、明らかに食べる気配なく、“おもちゃ“としてずっと遊び始めたら、

離乳食をストップしましょう。

 

もし、遊び始めても、ママがスプーンであげれば食べるのなら、

赤ちゃんから離乳食やスプーンなどを引き離し、ママから離乳食をあげつづけてもOKです。

 

離乳食ぐちゃぐちゃ対策!イライラを軽減4つ

 

「ぐちゃぐちゃにするのは、大事な成長過程。温かい目で見守って!」

と分っていても、やはり実際はイライラしますよね。

 

私も本当にイライラが抑えられなくて、つい叩いてしまったことも、何度もありました。

その時の罪悪感は、半端じゃありませんでした。

 

でも、ある時、ひらめいたんです。

 

なるべく自分をイライラさせない方法を!

それをご紹介していきます。

 

新聞紙を敷く

 

赤ちゃんが座っている下に、新聞紙を敷いちゃいましょう!

 

そうすれば床が汚れることなく、食事の度に新聞紙を捨てるだけ。

 

これをやり始めてから、こぼしても平気なので、私はイライラしなくなりましたよ。

 

むしろ、

「モンスターよ、思う存分やってくれたまえ!」

という境地に。笑

 

袖付きエプロンを付ける

 

ぐちゃぐちゃし始めると、

テーブル、床はおろか、服も汚れてしまいますよね。

 

そういう時は…赤ちゃんもママも、

「スモッグ」

「割烹着」

スタイルの、袖付きエプロンを使うと汚れる心配はありません。

 

これらは、料理のときも袖まで汚れにくいので、私は普段から使っています。

 

 

一緒のテーブルで食べる

 

食事の後は、決まって大掃除。

 

床に落ちたものは新聞紙で防げますし、洋服の食べこぼしは、洗えばスッキリ。

 

でも、一番厄介なのは、赤やん用のベビーチェア!

 

高さ調節できるため、生後6か月~6歳くらいまで使用することができる子供専用のベビーチェア。

 

毎回拭き掃除をしないと、背もたれなどの椅子のスキマに食べ物がこびりついたり、

拭いても拭いても、シミが残って、かなり厄介でした。

 

そのうち、ベビーチェアを見るだけで、私のイライラはぶり返す末期状態に。

 

そんなある日。

ベビーチェアに嫌気がさした私は、

 

いっそのこと、

「ベビーチェアに座らせることをやめてしまおう」

と考えました。

 

「家族そろって、同じテーブルで、同じ時間に食べよう。」

 

そう考えたのです。

 

ぐちゃぐちゃへの覚悟を決め、夫と私と娘。

家族そろって「いただきます。」をしました。

 

すると、どうでしょう。

私と主人が食べる様子を、娘はジーっと観察しています。

 

そして、食べ物を手づかみした!と思いきや…

きたぞ!ぐちゃぐちゃ!

 

…と覚悟を決めていましたが、

なんと、そのまま掴んで口に運ぶではありませんか!

 

おーーー!

私と主人の様子を見て学んだのか!と感動。

 

そして、気づいたのです

 

食事でも何でも、

子どもには、親がまず、お手本を見せることが大事。

 

一緒に食事をしながら、食べ方を見せる方法が

娘には一番わかりやすかったのです。

 

 

離乳食をぐちゃぐちゃにして食べない&イライラはいつまで?乗り切る対策まとめ

 

食べた後の片づけが大変な手づかみ&ぐちゃぐちゃ食べ。

ですが、可愛いわが子が日々成長しているという証拠、

ご紹介した

  • 新聞紙を敷く
  • ママは袖付きエプロン、子供はスモッグを着る
  • ベビーチェアを廃止して一緒のテーブルで食べてみる

などで工夫して、ぜひイライラせずに見守ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です