FitbitCharge4レビュー!レム睡眠対応目覚ましスマートウェイクが最高!

FitbitCharge4

 

朝すっきり起きれずに困っている人は必見!

愛用中のスマートウォッチ【Fitbit charge4】に搭載の

『スマートウェイク(SmartWake)』機能

について書いています(^^♪

『スマートウェイクSmartWake』機能は、

浅い睡眠やレム睡眠など起きやすい状態の時に、バイブで知らせて起こしてくれるという画期的な目覚まし機能。

もう、朝アラーム音で起こされる、寝起き最悪の人生には、さよならです!

FitbitCharge4はスマートウェイク機能付き!

 

私は、主婦業とテレワーク中心の生活をしていますが、朝が弱いのが致命的でした。

  • 目覚まし機能がある(レム睡眠対応!)
  • 充電長持ち(7日間も!)
  • 防水機能付き(シャワーOK!)
  • コスパ良し(安いのに多機能)

の4点を重要視した結果、たどり着いたのが【Fitbit Charge 4】。

 

多機能の「Fitbit Charge 4」ですが、中でも一番気に入っているのが、睡眠管理の機能!

 

睡眠の質を追跡する睡眠スコア機能のほか、

『スマートウェイク(SmartWake)機能』

(眠りが浅い時の適切なタイミングで起こしてくれる機能)

が搭載されています。

 

スマートウェイク機能のために、Fitbit Charge 4を選んだといっても過言ではありません(^^♪

 

FitbitCharge4を寝てる間も装着することで、毎日の睡眠の質を自動的に分析してくれるんです!

FitbitCharge4 FitbitCharge4

画像のように、Fitbitで分析できる睡眠は

  • 目覚めた状態(覚醒状態)
  • レム睡眠時間
  • 浅い睡眠時間
  • 深い睡眠時間

の段階に分かれていて、それぞれの状態が、交互に行ったり来たりしています。

夜中に目覚めてトイレに行った時間や、朝方起きて二度寝してしまった時間も一目瞭然。

これが、一度付けてみると毎朝見るのが楽しみになりますし、

前日の睡眠スコアが悪いと今日は早く寝ようとか意識付けになるんです。

(特にお酒を飲んですぐに寝てしまったら、如実に眠りが浅く、睡眠の質が悪かったりが分かるので。笑)

 

もし、普通の目覚まし機能だと、だいたいは深い睡眠のところで、アラームに音で急に叩き起こされて、

寝起き最悪で起きることが圧倒的に多いので、

本人の意思ではどうにもできず、睡眠スコアなんて良くならないに決まってます。

 

それを解消するべく、この『スマートウェイク(SmartWake)機能』が登場したわけですね!

 

スマートウェイクはなんと、浅い睡眠やレム睡眠など起きやすい状態の30分前からバイブで知らせて起こしてくれるという画期的な機能!

寝ている間にFitbitで記録している睡眠状態で、

「あ~今この人、眠り浅いから起こしやすいタイミングだな~」

という時間に、ブーブーと振動バイブで起こしてくれるということ!

 

スマートウェイク機能は、設定した時間の30分前から、最も起こしやすいタイミングをみてアラームが鳴りますが、

30分の間に深い睡眠が続いた場合は、アラームは設定時間に鳴ります。

例えば、朝6時30分にアラームセットしたら、30分前の6時からタイミングを見て起こしてくれるため

自分のセットした時間(朝6時30分)過ぎに起こされて遅刻…!ということはあり得ませんので安心です♪

 

スマートウェイクのアラームを止めるときやスヌーズ機能は?

 

設定時間になるとFitbitがブルブル振動して、お知らせしてくれます。

Fitbit Charge4

アラームを解除するには、画面横のボタンを押します。

アラームを 9 分間スヌーズするには、ZZZ アイコンをタップ。

アラームを 1 分以上無視すると、自動的にスヌーズモードになるので、必ず起きることができますよ!

 

FitbitCharge4のスマートウェイク機能を使った感想

 

実際にFitbitの『スマートウェイク』を使用してみると、ホントにスッ~と、さわやか~に起きれます

振動の強さも【標準】【強】が選べますが、【標準】でも結構強めのバイブ振動、

時間は8回までセットできて、スヌーズ機能付でさらに安心!絶対にちゃんと起きれます。

 

 

実は、Fitbitの『スマートウェイク』のような、レム睡眠・浅い眠りで起きられる機能は、とくだん新しいテクノロジーではなく、

携帯アプリや、専用の寝具(SmartSleep など)の商品は既にたくさんあるため、

私は今までは携帯アプリSleepMeisterを使っていました。

 

ただ、携帯アプリだと、

というデメリットで、結局、私は長続きしなかったんです。

 

Fitbitの『スマートウェイク機能』を知ったときは、やっと探していたものに出会えたーー!という感動!

 

Fitbitの充電期間は7日間と長いため、日中シャワーの時間以外はずっとつけています。

寝るときも全く違和感なく、圧倒的にストレスなく振動で起こしてくれます。

 

今では夫婦で愛用しているFitbitCharge4、

例えば、夫が朝仕事で早く起きなければいけない時も、目覚まし音がジリジリなることもないですし、

逆に、私が朝早く起きなければいけない時も然り。

同じ寝室で寝てる人に気を遣わずに、自分がちゃんと起きれるというのも、Fitbitさまさま(笑)

 

Fitbitの『スマートウェイク機能』なら、あなたも、周りの家族もハッピーに♪

もう、アラーム音で無理やり起きて、不機嫌な朝を迎える人生は、無くなります!

 

寝起きがスッキリだと、一日の良いスタートが切れます。

朝は1分1秒でも長く寝ていたい~と思う人もいると思いますが、

実は最適なタイミングで起きれば、もっと快適に1日のスタートが切れること間違いなしですよ!

 

Fitbitのスマートウェイク機能対応機種

 

Fitbitは、現在【charge】のほか、【Alta】【Versa】【Sense】【Inspire】シリーズなど、種類は豊富にあります。

これらは

  • 睡眠の自動記録
  • 睡眠を記録(浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠)
  • 睡眠スコア表示

の機能は標準装備されていますが、すべてにスマートウェイク機能が装備されているわけでは、ありません。

 

▼スマートウェイク対象機種はこちら

Smart Wake機能は、
  • Fitbit Charge 4
  • Fitbit Ionic
  • Fitbit Versaシリーズ
のみで利用ができます。

 

たとえばFitbit Charge 4よりあとに発売されたFitbit Inspire 2などには、

スマートウェイク機能は(まだ?)装備されておらず、一部ユーザーからも不満の声があったようです。

 

素晴らしい機能のスマートウェイクですが、

なぜか英語も日本語もスペック表に詳しい記載が見つけられませんでした。

(2021年1月現在の情報です。私の検索力不足でしたらすみません)

 

おそらく、スマートウェイク機能自体が、2020年4月以降にFitbit charge4に追加で搭載された機能のため、

今後、対象機種も拡大していくのでは?個人的には予想しています。

FitbitCharge4!目覚まし機能「スマートウェイク」レビューまとめ

 

FitbitCharge4に搭載されている、眠りが浅いときに起こしてくれるスマートウェイク機能!

今まで、目覚ましのアラーム音でたたき起こされてた人生はなんだったのか…と後悔するほど画期的!

あなたもFitbitのスマートウェイク機能で、朝スッキリ起きれる人生を手に入れてくださいね!

FitbitCharge4

FitbitCharge4おすすめ使い方8選!集中力UPに必須機能が満載

2021年2月4日
脱寝る前スマホ!

寝る前スマホ辞めたい!簡単にやめる方法と何時間前なら影響無い?

2021年2月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です