ガーベラの日本名(漢字)は?花言葉の色別(黄/オレンジ/ピンク/赤/白)も!

ガーベラ 花言葉

 

花束の定番、ガーベラの全体の花言葉は『希望』と『前進』。

ガーベラの日本名(漢字)は

『花車(はなぐるま)』

という可愛い名前もあり、ガーベラのイメージそのもの。

黄・オレンジ・ピンク・赤・白など、

  • 見た目がかわいい
  • 色や形・大きさの種類が多い
  • 比較的花もちが良い

などの理由で、フラワーアレンジメントや花束のプレゼントとしてもガーベラは大活躍。

好きな人に想いを伝えたい時、結婚式に贈る時、自分に元気がほしい時…

それぞれの場面にあった、ガーベラの色別の花言葉もご紹介!

 

ガーベラの日本名(和名&漢字)は?

 

黄・オレンジ・ピンク・赤・白など、いろんな色があるガーベラ。

 

品種改良により、色とりどりのガーベラが誕生していますが、

実は、本来は「真っ赤」な色の花ってご存知でしたか?

 

ガーベラ(英語:Gerbera)は、南アフリカで発見されたキクの一種がその起源で、

日本には大正時代の初期頃に伝わったとされています。

 

ガーベラの和名(漢字名)は

  • 『花車』(ハナグルマ)
  • 『大千本槍』(オオセンボンヤリ)
  • 『阿弗利加千本槍』(アフリカセンボンヤリ)
  • 『阿弗利加蒲公英』(アフリカタンポポ)
  • 『扶郎花』(ふろうか)

などの別名で親しまれてきました。

 

花束にピッタリのガーベラは、日本名を聞くと、

漢字の意味の見た目のままというか、可愛らしい感じがしますよね。

 

ガーベラは日本のタンポポに似てる!

 

花が終わると、同じくキク科のタンポポの綿毛のようになるガーベラは、

咲いてる姿も下に葉っぱがぎっしり集まって生え、

花は茎を高くシャンと伸ばして咲いてる姿もたんぽぽ(蒲公英)に似ています。

 

とくに現在は、お花屋さんでガーベラを見かけたときは、ガーベラの和名は

  • 『扶郎花』(ふろうか)

が良く使われているみたいです。

 

「扶郎」ってどういう意味だろう?と気になって調べてみたのですが、

「扶郎」という熟語自体は、辞書で見つけられませんでした。

「扶」は、扶養家族の「扶」、力を貸す、世話をするという意味。

「郎」は、意味は若い男子の美称、または仕えている人という意味。

ガーベラの和名『扶郎花』(ふろうか)は、

“とにかく一生懸命に、誰かのお世話をして助けてあげる、やさしい花”

というイメージで、昔の人は名付けたのでしょうか。

なんとも粋ですね。

 

ガーベラ全体の花言葉!英語では?

 

ガーベラは色がさまざまありますが、全体的な花言葉は

  • 『希望』
  • 『常に前進』
  • 『チャレンジ』
  • 『前向き』
  • 『美しさ』

となります。

全体的に、エネルギッシュで元気なイメージですよね!

 

ちなみに西洋の花言葉(Language of flowers)は

  • 『cheerfulness(上機嫌、元気)』
  • 『beauty(美)』

 

どちらも

“イキイキとして前向きで明るく美しい姿“

というイメージは共通しています。

 

ガーベラの花言葉《赤》

ガーベラ
赤いガーベラの花言葉

『限りなき挑戦』

『燃える神秘の愛』

赤いガーベラ・英語の花言葉

『passion(情熱)』

『love(愛情』

『romance(ロマンス)』

 

ガーベラの元の色といわれる、赤色のガーベラ。

 

エネルギッシュというイメージの

燃えるような愛と情熱で常に挑戦する姿を表しています。

赤いガーベラはこんなシーンにぴったり

 

『常に前進』というガーベラ全体の花言葉と、赤色ガーベラの『情熱』という花言葉で、

勇気をもって気持ちを伝える愛の告白やプロポーズの時に人気の色です。

 

入学・入社などの新生活のお祝い、スポーツなど一生懸命何かにチャレンジしている友人へのプレゼントにもピッタリです。

 

 

ガーベラの花言葉《白》

ガーベラ
白いガーベラの花言葉

『希望』

『律儀』

『純潔』

白いガーベラ・英語の花言葉

『purity(清潔)』

『innocence(純潔)』

ピュアで“純真無垢“といったイメージのは、花束やブーケに取り入れると全体がやさしい印象になります。

 

白いガーベラはこんなシーンにぴったり

『希望』の花言葉通り、進学・新生活・結婚式など、新しい人生の出発祝いはもちろん、

『律儀』という言葉通り、真面目な印象の相手にピッタリな花言葉。

 

これから清く良好な人間関係を気付きたい相手のプレゼントに喜ばれます。

 

「改めてよろしくね」という意味を込めて、親友の誕生日に贈るのも素敵かもしれません。

 

ガーベラの花言葉《黄》

ガーベラ
黄色いガーベラの花言葉

『究極美』

『究極愛』

『親しみやすい』

黄色いガーベラ・英語の花言葉

『warmth(優しさ・あたたかさ)』

『sunshine(日光)』

『friendliness(親しみやすさ)』

ビタミンカラーの黄色は、見ているだけで温かさ・親しみやすさを感じます。

 

黄色いガーベラはこんなシーンにぴったり

飾りっ気のない自然な愛=究極の愛として、長年連れ添った仲の良いご夫婦に送ったり、

銀婚式・金婚式を迎える両親や祖父母、友人などへのプレゼントとしてもぴったりですね。

 

『優しさ・あたたかさ』という花言葉は、ガーベラの中でも、親しい相手ならだれにも贈りやすい花言葉です。

 

ガーベラの花言葉《オレンジ》

ガーベラ
オレンジ色のガーベラの花言葉

『神秘』

『冒険心』

『我慢強さ』

オレンジ色のガーベラ・英語の花言葉

『You are my sunshine(あなたは私の太陽)』

『patience(忍耐)』

陽気で明るいオレンジは、好奇心・チャレンジ精神を持ちつつ、忍耐強く前向きに進んでいくようなイメージです。

 

オレンジのガーベラはこんなシーンにぴったり

 

勉強・仕事などに一生懸命頑張っている親しい相手に励ましにもなります。

趣味に打ち込んでいる相手には『冒険心』といった花言葉も合いますね。

 

ポジティブなイメージが強いオレンジは、自分自身を励まし、明るく前向きになりたい時に部屋に飾っても◎。

黄色のガーベラの花言葉『日光』に対し、オレンジのガーベラは『あなたは私の輝く太陽』。

 

より特別な人に、強いメッセージを送りたい時に適しています。

 

ガーベラの花言葉《ピンク》

ガーベラ

 

ピンクのガーベラの花言葉

『熱愛』

『崇高美』

『童心にかえる』

ピンクのガーベラ・英語の花言葉

『appreciation(感謝)』

『compassion(思いやり)』

愛と美の花言葉を持つピンクのガーベラは、結婚式にもよく登場する定番のお花です。

 

ピンクのガーベラは恋愛運アップのカギ?!

ガーベラは、風水の世界では昔から

「恋愛運」
「結婚運」

を運んでくるとされ、特にピンク色のガーベラが効果的と言われています。

 

▼赤の『神秘の愛』、白の『希望』、ピンクの『崇高美』という花言葉の意味から、

花束プレゼントにするときは、赤白ピンクの組合せが一番人気なのだとか

 

“ピンク色は女性ホルモンを増やす働きもある“

“茎の長い花は縁を結ぶパワーが強い”

とも言われ、より魅力的になりたいと願う女性にはうってつけの花です。

 

ガーベラの歴史

 

ガーベラ(Gerbera)の起源は1800年代にさかのぼります。

南アフリカで最初に発見された野生のタンポポをヨーロッパで品種改良されたガーベラ。

ちなみにガーベラ(Gerbera)は、最初の発見者である、ドイツの植物学者ガーバー(Gerber)の名前に由来しています。

学名・英名 Gerbera
和名 花車・大千本槍・扶郎花など
科・属名 キク科ガーベラ属
原産地・分布 熱帯アジア、南アフリカ
開花期 3~5月、9~11月
誕生花日 2月11日、9月16日、10月12日、11月2日
花の色 赤・ピンク・白・黄色・オレンジ・緑・紫…など多数
別名 花車・アフリカセンボンヤリ など

 

ガーベラの季節は春と秋

 

ガーベラの開花期は、

3~5月と9~11月の年2回。

季節でいうと春と秋が見頃になります。

 

ガーベラはサイズ・種類も豊富

 

ヨーロッパで品種改良され、花持ちが良いガーベラ。

世界では野生種で40種類ほど、品種改良によって2,000種類以上もあるとされ、

その多くはオランダなどの海外から輸入された品種です。

 

ガーベラの花びらの大きさは、花の直径から大輪・小輪に分類され、

切り花として活用できる12㎝ほどの大輪サイズのものから、

「ミニガーベラ」の名前で販売されている3cmほどの可愛い改良種まで多彩な品種があります。

 

弁の形状から

  • 「一重咲」
  • 「半八重咲(セミダブル)」
  • 「八重咲」

に判別することができ、

花弁の形状は、

  • 「スパイダー」…糸状になったもの
  • 「球(ポンポン)」…退化したもの

があります。

 

▼オレンジのスパイダー咲のガーベラ!生花もお届け可

ガーベラとSMAPの深イイ話

 

ガーベラといば、2016年に放送されたスマスマ(SMAP×SMAP)最終回で、

テレビ画面いっぱいに映し出された5色のガーベラが印象的でした。

SMAP5人の姿を重ねた方も多かったと思います。

ガーベラ

引用:fujitv.co.jp/smapsmap/

 

ガーベラ全体の花言葉もある『希望』『常に前進』というメッセージに、

メンバー5人と共に、支えてきたスタッフの方々の思いが見えてくるような気がしますね。

 

ガーベラの日本名(漢字)は?花言葉の色別(黄/オレンジ/ピンク/赤/白)まとめ

 

ガーベラの祖先が、野生のタンポポだったとは知りませんでした。

ガーベラの本来の色は赤でエネルギッシュ、

全体の花言葉は、『希望』と『前進』。


『限りなき挑戦』『燃える神秘の愛』


『希望』『律儀』『純潔』


『究極美』『究極愛』『親しみやすい』

オレンジ
『神秘』『冒険心』『我慢強さ』

ピンク
『熱愛』『崇高美』『童心に帰る』

大きさ・色・形…すべてバラエティーに富んだ、可愛らしいガーベラ。

プレゼントしたい相手の顔を思い浮かべながら、ガーベラを選んでみるのも楽しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です