ケンタッキーの部位ごとのカロリーや食べ方は?公式動画で解説!

ケンタッキー

 

ケンタッキーのオリジナルチキンは、1ピース税込250円。

1ピース平均237㎉、チキンの部位は

  • キール(胸)
  • リブ(あばら)
  • ウィング(手羽)
  • サイ(腰)
  • ドラム(脚)

5つの部位に分かれていて味わいも異なります。

公式には部位ごとのカロリーは発表されていませんが、肉質からある程度の順位は予想できます。

部位ごとに正しい食べ方の公式案内動画もあるので早速チェック!

今まで何も考えずにかぶりついてたチキン。部位ごとの食べ方動画で、今まで骨にたくさんお肉がついたまま残していたと後悔。必見です!

ケンタッキーチキンの部位ごとのカロリーは?

 

ケンタッキーといえば定番のオリジナルチキン!

主要なチキンメニューの栄養成分表の数値がこちら

→→スマホの方は横スクロールで表が見られます→→

メニュー名 可食部g カロリーkcal たんぱく質g 脂質g 糖質g
オリジナルチキン 87 237 18.3 14.7 7.9
レッドホットチキン 89 266 16.0 18.0 9.8
骨なしケンタッキー 86 204 15.7 10.8 11.0
カーネルクリスピー 52 130 9.5 7.2 6.9

引用:kfc.co.jp(2020年10月現在)

 

1ピース税込250円のオリジナルチキンは、1ピース237㎉にもなります。

ケンタッキーのチキンは

オリジナルチキン部位名
  • キール(胸)
  • リブ(あばら)
  • ウィング(手羽)
  • サイ(腰)
  • ドラム(脚)

5つの部位に分かれていますが、公式には部位ごとのカロリーは発表されていません。

栄養成分表の数値は、あくまで配合に基づいた標準値となります。

ただ、部位の肉質から、カロリー量の順番は予想ができますので、さっそく紹介していきましょう

 

ケンタッキーチキンの部位のカロリー順

 

まるごと1羽を9ピース(5部位)にカットして提供されているオリジナルチキン。

ケンタッキー

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ケンタッキーフライドチキン (@kfc_japan) on

 

一番カロリーが低い部位は?

 

5つの部位の中で一番カロリーが低いのは、

やはり脂身の少ない胸肉キール(胸)でしょう。

いわゆる「ささみ」ですね!

 

そして次はリブ(あばら)も胸部分になるので、脂身が少なくパサパサしている部分です。

 

カロリーが気になる方は、

キール(胸)リブ(あばら)を選びたいところ。

 

カロリーが高い部位は?

 

逆にカロリーが高い部位は、プリプリ食感のウイング(手羽)サイ(腰)。

 

ドラム(脚)は程よく脂分がついていて、一番食べやすい部分なので子供にも人気です。

 

カロリーが多い部分は、すなわち脂身が多くて、とーってもおいしい!

でも、カロリーが気になる人は、これらの部位は避けたいところです。

 

部位ごとのキレイな食べ方動画がある

 

2017年、ケンタッキーは創業者カーネル・サンダースの誕生月を記念した

『30%OFFパック』『30%OFFバーレル』の販売に合わせて

“オリジナルチキンの公式のキレイな食べ方動画を作ろう!”

となったそう。

解説動画では、

「骨にねらいつけて引っこ抜く」

「肉付きの良い部分をかぶりつく」

…などなどずいぶんワイルドで難しそう?と思いきや、

動画で分かりやすく解説してくれています。

さっそく、部位ごとに動画も合わせて紹介しましょう!

 

キール(胸)の食べ方

 

キール(胸)はむね肉部分。肉質が柔らかく、あっさりしたおいしさが特徴です。

美味しく食べるポイント
  • 2本の小骨を抜き取る
  • 黒い軟骨を取り出す
  • 肉の部分を丸ごと食べる

↓↓↓

▼残骸のお手本

ケンタッキー

 

▼食べ方の説明

ケンタッキー

 

リブ(あばら)の食べ方

 

リブはあばら部分。深みのあるうまみがあり、骨のまわりについたお肉まで楽しめます。

美味しく食べるポイント
  • 胸のささみ部分を手でほぐす
  • 大きなあばら肉を外す
  • 骨と骨の間の肉を食べる
  • あばら骨をしゃぶる

↓↓↓

▼残骸のお手本

ケンタッキー

 

▼食べ方の説明

ケンタッキー

 

ウィング(手羽)の食べ方

 

ウィングは手羽部分。ゼラチン質や脂肪が多く、コラーゲンが豊富。濃厚な味が特徴。

美味しく食べるポイント
  • 2本の骨をねじって抜く
  • 太い骨を両手で持って食べる

↓↓↓

▼残骸のお手本

ケンタッキー

 

▼食べ方の説明

ケンタッキー

 

サイ(腰)の食べ方

 

サイは腰部分。プリプリとした肉質で、しっかりとした食感が特徴です。

美味しく食べるポイント
  • 縦の大腿骨を見つける
  • 骨をねじりながら引き抜く
  • 腰骨を持って食べる

↓↓↓

▼残骸のお手本

ケンタッキー

 

▼食べ方の説明

ケンタッキー

 

ドラム(脚)の食べ方

 

ドラムは脚部分。鉄分が多く、味にコクがあるのが特徴です。持ちやすいため子供にも人気。豪快に片手でも食べられます。

美味しく食べるポイント
  • ペーパーナプキンを使わずに手で持つ
  • そのまま食べる

↓↓↓

▼残骸のお手本

ケンタッキー

 

▼食べ方の説明

ケンタッキー

 


ケンタッキーのORマイスターとは?

 

ところで、先ほどの食べ方解説動画で解説してくれていた、

羽鳥さんという爽やかな男性の「ORマイスター」って何なのでしょうか?

 

ORマイスターとは

 

1939年に完成したKFC「オリジナルチキン」。

 

創業者カーネル・サンダースの精神を忠実に受け継ぎ、知識や調理法を伝承するのが、

「オリジナル・レサピー・チキン マイスター」(ORマイスター)

と呼ばれる専門職です。

 

ORマイスターの称号を持つのは、実は世界でたった2人、笠原一樹氏と羽鳥裕昭氏で、

KFCが出店する125の国や地域でも、日本にしかいないんですって!(2017年現在)

 

KFCでは「オリジナルチキン」を調理できる資格を持っている「チキンスペシャリスト」といわれる方が約6000人もいらっしゃいますが、

ORマイスターとは、その「チキンスペシャリスト」の中でもトップレベルのライセンスを取得しているチキンスペシャリストのプロ中のプロ!

 

チキンの調理技術や原材料・スパイスの知識など、美味しさの秘密レシピは彼らの頭の中にあるんですね~!

 

ケンタッキーのオリジナルチキンは部位指定で買える?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ケンタッキーフライドチキン (@kfc_japan) on

ケンタッキーの5つの部位の

  • 食べ方
  • 味の違い

などを学びましたが、できれば自分の好きな部位だけを指定して買いたい!と思う人もいらっしゃると思います。

 

一部、ネットの口コミで

「希望を言えばレジの人が希望の部位を用意してくれた!ラッキー♪」

という体験談は散見されましたが

基本的には、1羽丸ごとカットして9ピース(5部位)にしているため、

希望の部位を指定して注文することは原則出来ません。

10ピース入りを大人買いすれば確実に全部の部位5種類が入っているはずなので、ぜひ挑戦してみてください!

 

とはいえ、オリジナルチキンは、1ピース237㎉、たんぱく質18g、脂質14gと高たんぱく高カロリーな食べ物。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015」によれば、

成人が一日あたりに必要とされるタンパク質量は、成人男性で50g、成人女性で40gと定義されていて、

1日に必要な脂質は、1日2,000kcal必要な人では脂質はおよそ55g。

 

オリジナルチキン3個を食べれば、一日のタンパク質・脂質はあっという間にまかなえてしまいます。

美味しくても食べ過ぎにはご注意を!

 

ケンタッキーの部位ごとのカロリーや食べ方は?公式動画で解説まとめ

ケンタッキーの部位ごとの食べ方動画、いかがでしたでしょうか。

今まで『食べづらい』『かぶりつくのは恥ずかしい』と思っていた人も、

公式動画があればバッチリ!

動画にもあったように、おいしい衣が剥がれないようにペーパーナプキンを使わず、

豪快に美味しく食べたい人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

カジサックのケンタッキーフライドチキンレシピ!味付け再現したら激ウマ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です