キチンキトサンの効果効能と食べ物とは?摂るタイミングはある?

キチンキトサン

 

 

キチンキトサンは主にエビやカニをはじめとして、

昆虫、貝類、キノコの細胞壁などに多く含まれている、

厚生労働省からトクホ(特定保健用食品)認定されている天然素材。

コレステロールの吸収を抑えるサプリとしても人気のキチンキトサンは、

食材だけではなく、美容・医療分野に生かす研究も日々進められています。

キチンキトサンの潜在的なパワーとは?

キチンキトサンとは

 

キチンキトサンとは、エビ・カニなどの甲殻類の甲羅や殻に多く含まれている動物性食物繊維の一種

不規則な食生活になってしまいがちな現代人のためのサプリメントとしても人気です。

 

キチンとキトサンの違いとは?

 

キチンキトサンは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれる糖の一種。

サプリメントの商品名で「キトサン」とだけ単独で言われる理由は、

甲殻類の殻からたタンパク質やカルシウムなどの成分を取り除いたものを「キチン」、

そのキチンをさらに処理したものが「キトサン」になるからです。

 

実際に食品に添加する際は、キチン20%、キトサン80%の割合になるように精製されています。

 

キチンキトサンが添加された食品は、トクホと認可されているものもあり、

健康効果は立証済み&お墨付きです。

キチンキトサンを含む食べ物とは?

 

キチンキトサンを摂取したい場合は、カニ・エビを殻ごと頂くのが一番です。

 

小さなサワガニ・カワエビなどを油でカラッと揚げれば栄養素を丸ごと吸収できます。

 

また、チーズやキノコ類にも含まれていますので、料理の付け合わせやトッピングなどに意識して取り入れたいですね。

 

キチン・キトサンを含む食品

 

  • カニの甲羅
  • エビの殻
  • シャコの甲羅
  • イカの軟骨
  • キノコ類
  • チーズ類

 

甲殻類アレルギーの人は要注意

キチンキトサン

健康効果が高いキチンキトサンですが、もともと甲殻類アレルギーの体質の人は要注意。

 

アレルギー症状が現れることがあるので摂取はさけなければいけません。

 

キチンキトサンの歴史

 

キチンという成分名は、ギリシャ語で「封筒」の意味を持つ言葉。フランスの科学者に名づけられました。

 

キチンキトサンは、1970年代にアメリカで始まった「未利用生物資源の活用」のひとつとして注目されるようになり、日本でも研究が進められるようになったのは1980年以降。

 

キチンキトサンを豊富に含むカニの甲羅の粉は、古くから漢方薬としても重宝されており、

腫れ物やでき物の治療にも用いられてきました。

 

それまで廃棄処分されていた、カニやエビなどの甲殻類の残った殻を有効に使う方法が研究され、

その中で、キチン・キトサン成分の価値が認められるようになったのです。

 

キチンキトサンの効果

 

毎日のサプリメントの一つとしても人気のキチンキトサンの、

からだへの嬉しい健康効果をご紹介しましょう。

 

こんな方におすすめ

 

  • コレステロール値が気になる方
  • 肥満やメタボ気味が気になる方
  • 血圧が高めの方
  • 免疫力を向上させカラダの巡りを整えたい方
  • 体内の毒素を排出してスッキリしたい方

 

デトックス効果

 

人の体にとって有害となる食品添加物や汚染物質などを排出してくれる効果があります。
(ガンコな宿便、余ったコレステロールや塩分など)

 

免疫力や自然治癒力の向上

 

生体リズムを本来のものに調整して、全身の状態を整える作用があります。
(不眠症や神経痛、リュウマチ、肩こりなど)

 

キチンキトサンを食べる(摂取する)タイミング

 

キチンキトサンを食べる(摂取する)タイミングは、基本的には食前・食後を問いません。

 

キトサンを食べた後、胃の中で酸に溶かされることを考慮すれば食前の方が良いですが、

もともと胃腸の弱い人は、食後に食べる(摂取する)方が良いでしょう。

 

どんな食材やサプリメントも言えることですが、1回で1日分すべてを食べてしまわずに、

2回、3回に分けた方が、キチンキトサンの働きがいつも持続することになります。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)

 

キチンキトサン=人口皮膚!?

 

キチンキトサンは「人工皮膚成分」と言われるほど高い抗菌性があるため、

アレルギー反応の心配もなく人体と高い親和性をもっているのも特徴的です。

 

美容分野で

カモミール 美容

キチンキトサンは、肌に塗布すると、組織が肌と同化させようと肌の活動が活発化します。

 

結果、肌ダメージを改善し、若々しい肌を取り戻せるために、スキンケア商品の注目アイテムになっています。

 

 

今、あなたがお使いの美容化粧品成分にも、含まれているかもしれません。

 

医療の治療分野で

医療

 

キチンキトサンは、ヤケドなど、重大な皮膚損傷を受けてしまったとき、

皮膚が再生する間に理想的な保護膜の役割を果たしてくれます。

 

 

そして、本来の皮膚が再生すると、保護膜は生体の酵素で自然分解され、

カラダに吸収されて自然に消えてしまうという特徴があります。

 

キチンキトサンのこの性質を利用して、手術用の糸や人工皮膚の材料にも用いられています。

 

キチンキトサンの効果効能と食べ物とは?摂るタイミングまとめ

 

ビタミンやカルシウムなどと比べてその名前はあまり知られていないものの、

意外と身近にそして昔から私たちの健康を支えてくれている大切な天然素材キチンキトサン。

これからも私たちの生活がより向上するように、ますます研究が進んでいくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です