免疫力アップに笑いが効果的!鍛えれば美肌&若返り&血流改善効果あり

免疫力

 

「笑う門には福来たる」とは昔から言われますね。

“それってただの諺だし精神論でしょ!”

と思う人もいるかもしれませんが、

実は「笑い」には免疫力を高めるだけでなく、

認知症のリスク軽減、美肌効果などあらゆる健康面につながることが実証されているんです!

最も手軽で効果的、しかもお金も一切かからない

「笑うこと」

この効果や魅力について調べてみました。

 

「笑う」の健康効果3つ

 

笑いは単純に

「楽しいと感じる感情を表現する」

というだけではありません。

 

実際に「笑う」行為は、心身ともに大きな作用があります。

 

効果1) 自律神経を活性化

ストレス

人間の精神をつかさどる自律神経。

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経で、

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2つがあります。

 

イライラ・ストレス・落ち込み・不安…これら気持ちが沈んでいる状態は、

自律神経の交感神経を優位にし、常に体と心が緊張した状態を作ってしまいます。

 

笑うことは、自律神経の働きを正常に保つことで、ストレスを軽減し気持ちの切り替えもスムーズにすることが出来るのです。

 

効果2) 脳の血流量を増加させる

 

「笑う」という動作は、脳内の血流量にも影響を及ぼします。

 

笑うと脳から放出されるのが

「ドーパミン」

「エンドルフィン」

と言われる、多幸感を生む神経伝達物質のホルモン。

 

これらが笑うことで大量に分泌され、脳内の血流量を増加させる働きがあります。

 

効果3) NK細胞が活発化して免疫力アップ

 

笑うことは、免疫細胞の一つ

NK(ナチュラルキラー)細胞

を活性化させる作用があります。

 

免疫細胞の働きはおもに

血液と一緒に常に全身を巡回しながら、ウイルスや細菌などで細胞の悪化が起こっていないかをさぐる
異常が発生した際は最前線で防衛部隊として病原体と戦う

などがあり、いわば体を外敵から守る戦隊戦士たち。

 

免疫細胞の一つ、NK細胞はとても繊細な細胞で、

ストレスなどの情報を受け取ると、弱りやすい性質がありますが、

笑うことで活性化させることが明らかになっています。

 

これは、先ほどお話しした脳で分泌されるエンドルフィンの働きだと考えられています。

「笑う」は声に出したほうが良い理由

 

「クスッ」と静かに笑うよりも、「ガッハッハッ!」と、声に出して、お腹を抱えて笑う。

 

本当に心底楽しい気持ちで、自発的に声に出して笑うことって、気持ちの面でもスッキリした気になれますね。

 

実際に声に出して笑うと、どのような効果があるのでしょう。

 

笑う=お腹の筋トレ!

笑う 笑顔

「お腹を抱えて笑う」という言葉があるように、特にお腹から声に出して笑うことは、自然に複式呼吸になります。

 

呼吸が活発となって酸素の消費量も増えることは、いわば”内臓の筋トレ”状態。

 

お腹の筋肉がよく動き、腹部のリンパ管の流れを改善、腸の動きを活発にしてくれます。

 

免疫細胞のうち、実に約70%は腸に存在しているとも言われていますから、

声に出す笑いは、腸の動きを活発にして、免疫力全体を引き上げることにつながります。

 

脳がより活発に

脳

声を上げてよく笑っているときは、脳の「前頭葉」「海馬」という部分も活発に働きます。

 

新しいことを学習するときに働くこれらの器官は、笑うことで容量が増え、記憶力アップにも効果があります。

 

「笑い」によって脳のアルファ波が増えて脳がリラックスし、血流量が増加して脳の働きが活発になります。

 

肺機能を高める

 

ガハハ!と大声で笑うことは肺の換気能力も高めます。

 

自然にしている呼吸よりもさらに深い呼吸をするため、酸素が多く体内へ取り入れられることで、血液の循環がよくなります。

 

結果全身に酸素や栄養がスムーズに運ばれ、新陳代謝アップ!同時に免疫力も上がるメカニズムです。

「笑う」=無理やり笑顔になるだけでもいい?

 

「毎日ストレスをたくさん抱えてるのに、声に出して心から笑う事なんて出来ない!」

という人も、いらっしゃるかもしれません。

しかし、

無理にでも笑う事=口角をグッと引上げる

という状態だけでも、じゅうぶん良い効果が期待できます。

 

脳が笑いを[記憶]している?!

 

たとえ心のこもっていない「ウソの笑顔」だったとしても、

脳は「笑っている」と錯覚して、神経が瞬時にリラックスするよう働くのだとか。

 

プラス、乗り気じゃなくても声に出すように腹式呼吸も意識して笑ってみることで、

腸にも良い効果があり、結果、免疫力アップにつながります。

 

「笑う」と美容の関係

美容 

笑う事で得られる効果は、免疫力アップやリラックス効果のほか、

血液循環が良くなって血行が促進されることで、美容面でもうれしい効果が期待できます。

 

すなわち、活性酸素などが増えるお肌の酸化につながる要因を取り除いてくれるということ。

 

血液の循環が良くなることは、余分な水分や老廃物が排出されやすくなり、

むくみやくすみの予防、エイジングケアの効果も期待できるという事です。


「笑う」は年齢とともに低下する!?

高齢者 夫婦

「笑い」に関してはさまざまな年代別にもデータが報告されています。

 

「ふだん声を出してよく笑っていますか?」という質問を性別でみると、

男性40%、女性60%の割合で、

どの世代でも男性より女性のほうがよく笑うことが明らかになっているそうです。

 

確かに、女性の方が話好きで、仲間と楽しくおしゃべりという雰囲気を作りやすい気がしますね。

 

世代別では

「年齢が若い方が良く笑う」

という傾向も。

 

逆に60代以上になると「笑い」の回数は減少すると言われ、原因はストレスだけでなく、

脳の機能の衰え=笑いの減少

関係もあるのではと研究されています。

 

いつでも笑顔でいることは、体を元気にするだけでなく、メンタル面や免疫力にも大きくかかわっていることは間違いありません。

 

日常生活で笑うことを探そう!

 

「笑い」は体にいい、と思っていても意識して笑うとなると少し難しいかもしれません。

今までの生活に加えて、もっと普段から「笑う」ためにはどうすればよいのでしょう。

 

笑顔で過ごせる毎日を

 

笑って毎日を過ごすコツは、

  • 友人と楽しい時間を過ごす
  • コメディやお笑い番組を見る
  • 興味あることに没頭して勉強する
  • 普段は買わない旬の食材を食べて美味しさを味わう
  • いつもとは違う道を通って、新しいお店を発見してみる
  • 毎日の家事や仕事を、もっと効率よく時短できないか工夫してみる
  • 決まった服やマンネリメイクではなく冒険してオシャレを楽しんでみる

など、外の世界に注意を向けて興味や好奇心を持って過ごしてみれば、

自分に自信がついて、経験で学んだことを人と共有したり、自然と人に話したくなったりすることで、

どんどん楽しく前向きな気持ちになり、自然と笑顔で過ごせることに繋がるかもしれません。

 

免疫力アップに笑いが効果的!鍛えれば美肌&若返り&血流改善効果あり

免疫力を高めるためには、心の底から声に出して自然に笑うことが、

一番の「良薬」です。

普段からニコニコ笑顔でいる人は、自然と周りも幸せにするもの。

あなた自身も健康になるばかりでなく、周りの人も癒され緊張がほぐれます。

そうすればあなたの好感度もグーンとアップ、周りが接する態度も変わってくると思います。

まさに「笑う門には福来たる」ですね。

一番手軽ですぐできる、

笑うことで免疫力アップ&アンチエイジング!

実践していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です