モミジ・楓(カエデ)・メープルの違いとは?カナダ国旗の葉っぱの意味も!

もみじ

 

楓(カエデ)と(椛)モミジの違いとは?

♪秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)、 濃(こ)いも薄いも数ある中に、 松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は、 山のふもとの裾模様(すそもよう)~♪

 

童謡『紅葉(もみじ)』の歌詞の、

もみじ・かえでは、

違う植物のように歌われていますが、

じつは、もみじもかえでも、カエデ科カエデ属の植物を意味します。

カエデ(モミジ)とは…

一般にカエデと呼ばれている樹木はカエデ科カエデ属の、主に北半球の温帯に分布している150種を総称したもの。

特に、東アジアを中心に日本に約20種、中国に約30種が分布し、北アメリカ、ヨ-ロッパにまで広がっています。

主に落葉高木で切れ込みのある葉をつけていますが、まれに常緑性のものや切れ込みのないものもあり、葉を対生につけるのが特徴。

 

園芸品種が多く特に

・イロハモミジ(イロハカエデ・Acer palmatum)

・ハウチワカエデ(Acer japonicum)

など、日本産の種に属する品種が200~400品種といわれていて、園芸の世界では

・切れ込みが深く(葉の)数が多いものを「モミジ」

・浅く少ないものを「カエデ」

と呼んでいます。

「NHK-みんなの趣味の園芸-」より抜粋

 

カエデ(槭、槭樹、楓、鶏冠木、蛙手)とは、ムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属 (Acer) の落葉高木の総称で、

世界には約150種類はあると言われています。

 

「カエデ」の名前の由来は、葉っぱの形がカエルの手「蝦手(カエルデ)」に似ていることから、呼び方を略してカエデとなりました。

もみじ かえで

引用:森林・林業学習館

 

カエデは、モミジ(紅葉、椛)と同じ意味ですが、

”椛(もみじ)”という漢字は『国字』といって、日本で独自に生み出された数少ない漢字の1つ。

一般的には、葉の切れ込みが深いものを「モミジ」、葉の切れ込みが浅いものを「カエデ」と呼んでいます。

 

楓(カエデ)とメープルの違い

 

かえでももみじも、英語圏ではMaple(メイプル、メープル)

と訳されます。

 

ただ、先ほどお話しした通り

「もみじ」という分け方は日本特有のもので、主に日本産の種に属する品種を差すため

モミジ(イロハモミジ)=Japanese maple

とも訳されます。

もみじ
Japanese maple【訳】イロハモミジ【学名】Acer palmatum
日本に見られる主要なカエデの種。高さは最大10mほど

 

楓とメープルの木材としての違い

 

楓とメープルを、”材木”としてみた場合。

この場合は、同じ木材(植物学上同じ仲間)であっても、産地によって呼び方が異なる(分けている)可能性があります。

 

一般的に、材木業界や家具業界では、次のように使い分けているのだとか▼

木材業界や家具業界では、国産のカエデはカエデ材、イタヤカエデ材と呼んでいます。

北米から輸入しているカエデ材をメープル材と呼んでいます。

引用:無垢家具の専門店ブログ

 

つまり、「カエデ材」「イタヤカエデ材」の表記があれば、その木材は日本国産、

逆に「メープル材」と表記があれば、北米産(アメリカ・カナダなど)の輸入材と考えられます。

家具で使われるカエデは、

  • イタヤカエデ(日本産が多い)
  • サトウカエデ(北米産が多い)

などの種が有名で、どちらも直径1m、樹高は20~30mほどにまで成長するもっとも巨大な種になります。


カナダの楓はサトウカエデ(砂糖楓)

 

カナダ国旗のシンボルマークに使われているのは、サトウカエデ(砂糖楓)という種類。

 

名前の通り、”糖”を多く含むため、カナダの名産品メープルシロップの元となる樹液が取れる種で、

丈夫な樹木は「メイプル材」として家具にも利用されます。

 

カナダの国旗の葉っぱの意味

▼サトウカエデの葉
Acer saccharum leaves on grey background

▼カナダ国旗

Flag of Canada

国旗の中央に描かれているのはサトウカエデ(Maple Leafs)、

カナダ国旗は、「メイプルリーフ旗」「一葉旗」とも呼ばれます。

デザインの意味は、

  • 右側の赤:大西洋
  • 左側の赤:太平洋
  • 全体の赤は『戦争の時に流した血』『強さ』
  • 白は『律儀』と『平和』『純粋さ』『雪』

をそれぞれ表しているのだとか。

 

日本の楓はイタヤカエデ(板屋楓)

 

日本のカエデの代表は、イタヤカエデ(板屋楓)です。

イタヤカエデ(板屋楓)は、日本では北海道と秋田などの極寒地域ほか、朝鮮、サハリン地域にも分布。

北海道産のものは、別名:エゾイタヤ(蝦夷板屋)とも言われます。

 

イタヤカエデ(板屋楓)は、秋の紅葉(こうよう)時には、

(イロハモミジのように)赤では無く、黄色・オレンジ色に染まる種類。

 

イタヤカエデは、カエデ種の中でも大きく成長する種として、

大きいもので直径1m、樹高20mにもなるため、「カエデ材」として家具などに広く活用されています。

 


【貴重】国産(日本産)のメープルシロップ4選!

 

世界のメープルシロップのほとんどは、約8割以上がカナダ産で、

サトウカエデ(砂糖楓)から作られていますが、

日本産(国産)のメープルシロップを、見たことありますか?

 

日本に自生しているカエデは、サトウカエデ(砂糖楓)ではなく、イタヤカエデ(板屋楓)。

イタヤカエデをつかって、

”純国産(日本産)メープルシロップ”

として、日本でもメープルシロップは作られています!

 

日本の主なメープルシロップ産地
  1. 山形県金山町
  2. 埼玉県秩父市
  3. 北海道白糠町
  4. 北海道美幌町

などで作られている、希少な純国産メープルシロップ商品をいくつか紹介しましょう▼

 

産地1)山形県金山町『楓の雫』

山形県金山町では、イタヤカエデからメープルシロップ『楓の雫』が作られています。

やさしい甘さと、サラリとした舌触りが絶品の『楓の雫』は、

年間150本ほどしか生産できない幻のメープルシロップで、

カナダ産メープルシロップの約2.5倍のカルシュウムを含んでいるんだそう。

希少で絶品の純国産メープルシロップとして、お祝いギフトとしても喜ばれそうですね。

 

産地2)埼玉県秩父市『和メープル』『MAPLE BASE』

 

じつは、埼玉県秩父市はカエデの産地ってご存じでしたか?

 

秩父には日本の楓の28種類のうち、21種類も自生しているそうで、

主な樹種はイタヤカエデ、オオモミジ、ウリハダカエデ、ヒナウチワカエデなどです。

和メープル

引用:和メープルとは

埼玉県秩父市では、秩父のカエデ樹液商品『和メープル』という商品が作られていて、

メープルシロップやカエデ樹液、メープルサイダーなどの商品が開発されています。

 

▼日本初のメープルシロップ製造小屋「メープルベース」は工場見学可能

『MAPLE BASE』オンラインショップはこちら

 

産地3)北海道白糠町

 

北海道の釧路に近い海沿いの町、白糠町の『驚きの森』でも、

イタヤカエデからメープルシロップが作られています。

 

毎年春先には「メープル祭り」も開かれ、メープルを使った美味しいスイーツも堪能できます。

釧路空港売店「川島商店」や、白糠町道の駅「恋問館」でも一部商品が販売されています。

驚きの森
〒088-0343 北海道白糠郡白糠町上茶路
サイト https://odorokinomori.com/

 

産地4)北海道美幌町

 

北海道網走群美幌町では、イタヤカエデ、カラコギカエデの樹液を使って、メープルシロップは作られています。

 

生産数が少なく、すぐに完売してしまう人気商品のため、

数量限定品でいつも販売しているわけではありませんが、

下記のオンラインショップからお取り寄せが可能です。

物産館 ぽっぽ屋
〒092-0015 北海道網走郡美幌町字新町3丁目
サイト https://bihoro.shop-pro.jp/

 

モミジ・楓(カエデ)・メープルの違いまとめ

 

”もみじ”も”かえで”も、同じカエデ科カエデ属の植物。

かえでももみじも、英語圏でMaple(メイプル、メープル)と訳されますが、

「もみじ」という分け方は日本特有のものなので、

モミジ(イロハモミジ)=Japanese maple

とも訳されます。

カナダ産のメープルシロップはサトウカエデ(砂糖楓)から作られますが、

日本各地でもイタヤカエデ(板屋楓)を使って、

純国産メープルシロップは販売されているため、お祝いギフトとしても喜ばれそうですね。

紅葉-

紅葉狩りの由来(語源)や歴史・意味は?なぜ「狩り」と言う?

2020年10月12日
紅葉

椛・紅葉・楓のもみじ/こうよう/かえでの違いと使い分け!黄葉の読み方も!

2020年6月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。