うまい棒の人気売上ランキング!歴代種類一覧やカロリーと重さは何グラム?

うまい棒

 

1979年販売から約40年。アラフォー筆者と同世代のうまい棒。

昔から駄菓子の王様的な存在で、いろんな味があって美味しいですよね。

値段もずーっと10円というのも魅力的。

ちなみに、うまい棒1本あたりの重さは5~6g、カロリーは1本約40kcal、

5本食べればごはん1杯のカロリーに相当してしまうので、食べすぎ注意!

うまい棒の人気の味ランキングをみると、誰もがお馴染みのロングセラー味ばかり。

歴代うまい棒の、想像もつかない珍しいレアな味もまとめました。

 

うまい棒は何種類?味の最新一覧

 

1979年に株式会社やおきんから誕生したうまい棒。

販売当初はたった1種類「ソース味」のみでしたが、

やおきん公式HPによると、これまで販売されたものも合わせると、

復刻版や期間限定含め、60種類以上にもなるのだとか!

 

数年ごとに、どんどん新しい味を発売しつつ、味のリニューアルや復刻版も加えながら、

常時15~20種類の味が、ラインナップされています。

 

ちなみに、現時点(2020年12月)で、レギュラーとしてはこちらの19種類。

販売開始年
とんかつソース味 1979年
サラミ味 1979年
チーズ味 1980年
てりやきハンバーガー味 1980年
やさいサラダ味 1980年
めんたい味 1982年
たこ焼き味 1987年
コーンポタージュ味 1992年
チキンカレー味 2000年
エビマヨネーズ味 2001年
牛タン塩味 2007年
なっとう味 1993年
シュガーラスク味 2013年
チョコレート 1982年 冬春秋限定
やきとり味 2015年
さとうきび味 2018年 沖縄限定
シナモンアップルパイ味 2018年 東京限定
レモン味 2019年
のり塩味 2020年

 

最新のうまい棒商品一覧はこちらのやおきん公式ページへ!

ちなみに、関西出身の筆者、小さいころから「たこ焼き味」がずっと一番好きだったので、

今でもたまーに衝動的に買ってしまいますね(笑)

 

うまい棒の種類!歴代は珍しい味も!

 

1979年販売から約40年、アラフォー筆者と同世代のうまい棒。

歴代販売されてきた中には、珍しい味もたくさんありました。

 

なかには、「オムライス味」のように、たった1年で販売終了となった幻の味もあれば、

「ソース味」が「とんかつソース味」としてリニューアルしたり、

なっとう味のように、今まで3度も再生産されて復活している味もあります。

 

販売年ごとに、歴代のうまい棒を見ていきましょう!

【1979年】
ソース味
サラミ味
カレー味

【1980年】
チーズ味
バーガー味
やさいサラダ味

【1982~1983年】
カニシューマイ味
キャラメル味
ギョ!THE味
めんたい味
ピザ味
チョコレート味
マリンビーフ味
アメリカンホットドック味

【1987年】
チョコピー味
たこ焼味
ロブスター味

【1989年】
長さ2倍で20円のデラックスうまい棒(8種)がすぐ消える!

【1991年】
カニチャンコ味
梅おにぎり味
オムライス味

【1992年】
コーンポタージュ味
なっとう味
豆リカン味

【1994年】
とんかつソース味
てりやきバーガー味

【1995年】
キャラメル味
ピザ味

【1996年】
ココア味

【2000年】
チキンカレー時
かばやき味
さきいか味

【2001年】
エビマヨネーズ味

【2007~2008年】
ぶたキムチ味
牛タン塩味

【2009年】
オニオンサラダ味
マーボー味

【2010年】
ピザ味
黒糖味

【2013~2014年】
シュガーラスク味
プレミアムうまい棒シリーズ販売開始

【2015年】
やきとり味

【2018年】
レモンスカッシュ味
ちまき味

レギュラーの味だけでこれだけの数!ほかにも、地域限定品や企画品を含むと、種類はさらに膨大に!

うまい棒の人気売上ランキングTOP5!カロリーや重さは?

 

いろんな味が楽しめるうまい棒、実際、どんな味が人気なんでしょう。

あらゆるサイト情報を調べたところ、

  • めんたい味
  • コーンポタージュ味
  • チーズ味
  • やさいサラダ味

この4種類は、少なくとも2000年以降、毎年不動でトップ3争いをしているようです。

 

ちなみに、やおきん公式ページによると、2020年時点でのうまい棒ランキングは、

1位 うまい棒コーンポタージュ味(1992年)
2位 うまい棒チーズ味(1980年)
3位 うまい棒めんたい味(1982年)
4位 うまい棒やさいサラダ味(1980年)
5位 うまい棒たこ焼味(1987年)

()は販売開始年。

どの味も、販売当初からずっと愛されてる味、30年~40年売れ続けている不動の人気の味、ということですね。

これらロングセラーを超えるような、あっと驚く新商品も、今後出てくるかもしれません(^^♪

 

1位 うまい棒 コーンポタージュ味

うまい棒

クリーミーでまろやかおいしい~特に女性に人気の大定番!

細かく砕いて牛乳をお好みで加えればコーンポタージュスープになる!と話題です。

 

【1本6gあたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
43kcal 0.5g 2.7g 4.3g 10mg

 

2位 うまい棒 チーズ味

うまい棒

1980年の発売以来ずーっと人気の味。濃厚チーズがたまりませーん♪

 

【1本6gあたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
43kcal 0.5g 2.8g 3.9g 10mg

 

3位 うまい棒 めんたい味

うまい棒

うまい棒の代名詞!ちょっと辛めのメンタイでがっつりとした濃い味に。

気持ちはとってもよくわかります!やっぱりごはんと相性が悪いはずがありませんよね。

 

【1本6gあたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
44kcal 0.5g 2.9g 4.0g 10mg

 

4位 うまい棒 やさいサラダ味

うまい棒

昔から定番の「やさいサラダ味」!そもそもサラダ味って何味?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

実はお菓子に「サラダ味」とネーミングを採用したのは、柿の種やハッピターンでおなじみの亀田製菓の「ソフトサラダ」が最初だったそう。

亀田製菓の「ソフトサラダ」は、ただの「塩味」とするよりも「サラダ味」にしたほうがネーミングにおしゃれ感があっていい!との理由、つまり、「野菜」は関係なかったという事実( ゚Д゚)

ソフトサラダ

 

しかしうまい棒のやさいサラダ味は違いました!

うまい棒のやさいサラダ味については、当初はやさいジュースの味」として売り出されていて、

野菜そのものの味がしたそうですが、かなり渋味であまり人気商品になれなかったとか。

 

その後、改良を重ね、甘めで食べやすい今の味に行き着いたそうです。

 

確かにサラダ味については、原材料にも

  • キャベツエキスパウダー
  • ポテト
  • パセリ

とありましたのでちゃんと野菜が入っているってことですね!

【1本6gあたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
43kcal 0.4g 2.9g 3.8g 10mg

 

5位 うまい棒 たこやき味

うまい棒

かつおぶしのきいた大阪たこ焼の味!ソースに青のり、紅ショウガもちゃんと入ってます。

たこ焼き味は、製造過程で唯一、二度の味付けが必要なため、

数ある味の中でも、最もコストのかかる商品なんだとか。こだわってます!

 

【1本6gあたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
53kcal 0.4g 3.8g 4.2g 20mg

 

うまい棒 珍しいレアシリーズは[玉]と[輪]!?

 

うまい棒は、カタチはすべて「棒」というイメージもありますが、

じつは「玉」「輪」という珍しい変わり種もあります。

 

「うまい玉」は何個入り?

うまい玉

さくさくプチシューの中にはチョコレート。カルシウムを強化して香り豊かに焼き上げた健康スナック!

お値段4個入りで30円。

 

1袋(14g)あたりの成分情報】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
82kcal 1.2g 6.3g 5.2g 5mg

 

「うまい輪」シリーズはカールよりお得?

 

棒・玉と来て、この先はどんな形状の商品を出すんだろう…と思いきや「輪」!

 

現在シリーズには

  • うまい輪 めんたい味
  • うまい輪 チーズ味
  • うまい輪 たこ焼味
  • うまい輪 サラダ味

の4種類、75g入り(100円)が、うまい棒を買うよりお得と話題です。

 

というのも、たとえば同じサラダ味100円分でも

  • うまい棒サラダ味なら1本6g(10円)×10本=60g
  • うまい輪サラダ味一袋の内容量は75g

なので

「うまい棒」より「うまい輪」の方がダンゼンお得

というコトになるからです!

しかも嬉しいのはこれだけではありません。

 

2017年、明治「カール」がまさかの東日本で販売休止というニュース。

カール販売中止で絶望していた救世主になったのが、うまい輪でした。

なんでも、カールのチーズ味と、うまい輪チーズ味がほぼ同じだったらしく、、、笑

うまい輪は、なんと心強い存在なのでしょう…!

 

うまい棒のキャラクター名は?【やおきん公式】

 

現在、やおきん公式のうまい棒のキャラクターは

  • うまえもん
  • うまみちゃん
  • ウマイケル

の3つ。

 

まず、うまい棒といえば、あの性別不明な2頭身の丸い顔のキャラクター。あなたも絶対に1度は見たことあるはず!

実はこのキャラクター、今でこそちゃんと「うまえもん」という名前があるものの、

意外なことに「うまえもん」という名前が公式に決まったのは2017年、つい最近の出来事でした。

 

それまでは、名前も不明で、キャラクター誕生の経緯も不明(情報非公開)だったうまえもん。

「うまえもん」

のほか、

「ドヤエモン」「うまいBOY」

など、ファンの間ではいろんな愛称があったのだとか。

 

2017年、キャラクターの名称が公式に「うまえもん」に定まると同時に、

その妹キャラとして「うまみちゃん」が誕生、

兄うまえもんは、妹うまみちゃんに甘く、いつも振り回されている設定。

とても兄弟とは思えない、容姿の違いに無理がありますが(笑)

うまみちゃんは、現代らしくVtuberというのも、時代の流れを感じますね。

うまみちゃんは、アメリカ生まれで、2017年に帰国、

幼少期に離れて暮らしていた兄「うまえもん」が大好き。

兄とは似ても似つかない美少女「うまみちゃん」ですが、実は裏表がある性格で小悪魔的な魅力も。

そして、うまみちゃんの被っている帽子(=うまい帽)の中に乗ってるのは、

なぜか兄にそっくりな猫の「ウマイケル」

 

うまい棒が10円のヒミツ

 

うまい棒の魅力と言えば、やっぱり今も昔も変わらぬそのお値段。

1979年の販売開始以来、約40年間ずっと守り続けてきた10円という価格。

そこには血のにじむような企業努力があってこそなのです。

リスカ&やおきんさんは素晴らしいですね!

(製造元がリスカ株式会社、販売元は株式会社やおきん)

 

『うまい棒』名前の由来

 

うまい棒は、直径約3㎝・長さ十数㎝・重さ約6gの駄菓子の王様。

 

販売元の株式会社やおきんによると、

『うまい棒』

というネーミングは

『うまいロングバー』
『ロング棒』

など沢山候補があった中、

“結局、うまいんだからうまい棒で!“

という単純明快な理由で決定したそう。

 

「10円で個包装」というアイデアも、小物菓子を得意とする会社ならではの発想でした。

そして今やうまい棒は年間6億本以上も製造されていて、

まさに国民食の駄菓子、だれもが知る存在になりました。

 

値段を守るための企業努力

 

バブル期、デフレ期、円高、円安…

ここ40年という時代の流れはすさまじく変化し、

一定の値段で供給するということは至難の業なわけです。

 

カントリーマアムのように「だんだん小さくなってるお菓子」が、

色々とささやかれるのもいわば仕方がないことですね。

ですから、うまい棒も時代に合わせて、

とにかく10円の販売価格を死守するために、予告なく中身の調整をしています。

 

ちなみに、1本5g~6gのうまい棒も、

2007年ごろまでは、現状の+2gあったそうです…(涙)

 

うまい棒人気売上ランキング!種類一覧カロリーまとめ

 

日本の定番駄菓子の「うまい棒」。

あなたは何味がお好きでしたでしょうか?

カロリーは1本約40kcal前後、

4.5本食べればごはん1杯分に相当していまいますので、どうか食べすぎにはご注意を!

うまい棒シリーズはこのほかにもご当地シリーズも豊富で、個性豊かなものばかりです。

次から次へと消費者を喜ばせよう!という企業努力があるからなんですね。

これからも、どんな楽しい商品が出てくるか楽しみにしたいと思います(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です