ミルメークのカフェイン量やカロリーは?アレルギー物質や栄養価も!

ミルメーク カフェイン

 

ミルメークはカフェイン量やアレルギー物質も含まれてるって本当?

牛乳をあっという間においしい飲み物にしてしまう魔法の粉、ミルメーク。

ミルメークはもともと子供の学校給食用に作られた食品なので、

食の安全性には十分配慮されています。

しかし、ごく少量ですがカフェインアレルギー物質も含まれています。

とくに、3歳以下の小さいお子さんや、妊婦さんや授乳中のママさんは、飲みすぎないようにしたいですね。

今回は、ミルメークのカフェイン量や、アレルギー物質、カロリーや食品添加物についてもお伝えします。

ミルメークのカフェイン入りは何味?

 

結論からいうと、

ミルメークの

コーヒー味・ココア味・紅茶味・抹茶きなこ味

の4種類には、ごく少量ですがカフェインが入っています。

ミルメーク

原材料を考えてみれば、コーヒー、ココア、紅茶、抹茶にはもともとカフェインが入っているため、

『ノンカフェイン』

『デカフェタイプ』

などととパッケージにうたってない限り、カフェインが入っていることは間違いないでしょう。

 

ミルメークのカフェイン量はどれくらい?

 

ミルメークに入っている実際のカフェインの量ですが、

パッケージや製造元(大島食品工業)のHPにも詳しい記載はありません。

ただ、実際に製造元に問い合わせた人の証言によると、下記の通りとのこと

ミルメークコーヒー顆粒8g 6.7mg
ミルメークコーヒー粉末5g 8.5mg
ミルメークココア 2.3mg
ミルメーク紅茶 15.4mg
ミルメーク抹茶きなこ 7.9mg

(参考ブログ:マイマメさま

ミルメークは、1袋に対して150mlの牛乳で割ることを想定して作られていますが、

意外に紅茶味の方が、コーヒー味よりカフェインが多く含まれているようですね。

 

カフェインの一日の適量摂取量!子供や妊婦さんは?

 

厚生労働省によれば、一日のカフェインの適量摂取量は

健康な成人は最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)まで
妊婦や授乳中の女性は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)まで
4~6歳の子供は最大45mg/日7~9歳の子供は最大62.5mg/日10~12歳の子供最大85mg/日(355ml入り缶コーラ1~2本)まで

との案内がありました。

 

ちなみに、3歳以下のお子さんについては、カフェインの明確な摂取量目安は無いため、

3歳以下のお子さんには、ミルメークのカフェインが含まれていない

  • いちご味
  • バナナ味
  • メロン味
  • キャラメル味

のほうが好ましいと思います。

 

妊婦さんの許容量=カフェイン300㎎というと、

計算上、ミルメークコーヒーを一日30~40杯以上になりますが、

実際、そんなにガバガバ飲む人はいないと思います。

 

ミルメークは、もともと学校給食の子供用に作られた商品ですから、カフェイン量もごく少量

妊娠中や授乳中のママさんも、たまにホッと一息つきたいときに飲むくらいなら問題ない量ですし、

子供でも、毎日4~5杯以上大量に飲まない限り、心配する必要はないと思いますね。

 

ミルメークはアレルギー物質や添加物に注意!

 

ミルメークのカフェイン量はかなり少量ということはお話ししましたが、

ミルメーク=砂糖と添加物の粉

なのは疑いのない事実です。

 

健康面を考えれば、カフェイン量よりむしろ気にしたいのは、アレルギー物質食品添加物ではないでしょうか。

 

ミルメークの食物アレルギー

実際に、ミルメーク公式ページには、

ココアは、大豆を含みます。抹茶きなこは、乳、大豆を含みます。

と案内があるため、ココア味と抹茶きなこ味について、

食物アレルギーのある方は注意してください。

 

ミルメークの食品添加物

 

ミルメークは、牛乳を甘~く美味しい飲み物に変える魔法の粉。

原材料には、砂糖のほか、多くの食品添加物が使われています。

《ミルメークに含まれる添加物の例》

砂糖、食塩/香料、炭酸Ca、V.C、着色料(紅麹)、クエン酸鉄Na

香料、炭酸Ca、V.C、着色料(紅麹)、クエン酸鉄Na

これらは、どれも多くの菓子類や加工品に使われる食品添加物。

学校給食に採用されている食品なので、もちろん粗悪な添加物ではないと思いますが、

過信や摂取しすぎはNGですね。

 

ミルメークコーヒーのカロリーや栄養価

ミルメークといえば、学校給食でお馴染みの、この牛さんマークに、赤と白のパッケージのコーヒー味!

 

栄養価について、【ミルメークコーヒー顆粒】の栄養価は下記の通り

栄養成分表(100gあたり)

  • エネルギー(kcal) 387
  • たんぱく質(g) 0.4
  • 脂質(g) 0.5
  • 炭水化物(g) 95.2
  • カルシウム(mg) 1300
  • 鉄(mg) 15.4
  • レチノール当量(μg) 920
  • ビタミンB1(mg) 1.83
  • ビタミンB2(mg) 1.58
  • ビタミンC(mg) 350
  • 食物繊維(g) 1.2
  • 食塩相当量(g) 1.1

(参照:学校給食メーカー協会)

ミルメークは

「牛乳嫌いの子供にも、給食で美味しく飲んでもらいたい」

という思いから生まれた製品なので、とくに、カルシウム、鉄、ビタミンCを多く配合しています。

 

ミルメークの1袋当たりのカロリー

 

ミルメークは種類によってカロリーに多少差はあるものの、たとえば

  • コーヒー味(粉末)…一袋31㎉
  • いちご味(粉末)…19㎉

と多少の差はありますが、他の味も含めて大体30キロカロリー前後です。

30キロカロリーというと、飴玉1つ分くらいなので、

そこまで高カロリーというワケではなさそうですね。

ミルメークの味の種類を紹介!

製造元の大島食品工業株式会社HPによると、

ミルメークは現在、粉末タイプ8種類、液体タイプ3種類の味が販売されています。

【粉末タイプ】

コーヒー ココア いちご バナナ メロン 抹茶きなこ キャラメル 紅茶

【液体タイプ】 

コーヒー ココア いちご

(2022年2月現在)

 

コーヒー味

ダントツ人気のコーヒー味!売上げの7割以上はコーヒー味だそうです♪

ココア味

「ミロ」みたいと人気のココア味。ホットもおいしいですよ

いちご味

ほのかに甘~い“いちごみるくキャンディー“のような美味しさ

バナナ味

バナナオレのようなマイルドなバナナの香りが人気♪

メロン味

上品な甘みと豊かな香りが特徴です

キャラメル味

小さいお子さんに特に人気が高いキャラメル味

 

(※抹茶きなこ味と紅茶味については通販販売で探せませんでした。残念。スーパーで見かけたら買ってみたいですね!)

ミルメークのカフェイン量やカロリーは?アレルギー物質や栄養価まとめ

 

  • カフェインが含まれているのは、コーヒー・ココア・紅茶・抹茶きなこ
  • カロリーは一袋約30キロカロリー
  • ココア・抹茶きなこは食物アレルギーのある人は注意
  • 砂糖の塊なので飲みすぎはNGです★

ミルメークは、お徳用として、クッキング用の粉末ミルメークもあるので、

お子さんとお菓子作りやデザート素材としても使えて便利ですね!

私も今度見かけたら、買ってみようと思います!

→ミルメーク認知度に地域差が!粉末や液体の違いも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。