クーリッシュって小さくなった&容量減ったの声?今昔サイズを比較

クーリッシュ 小さくなった-min

 

2003年販売以来、大人気のロッテのアイス・クーリッシュ(Coolish)!

暑い日にシャリシャリで片手でも食べやすいし美味しいですよね。

先日、久しぶりにクーリッシュをコンビニ買ってみたところ、

なんだかサイズが小さくなった気がしてビックリしたんです。汗

クーリッシュさん、値上げラッシュと一緒に、どさくさに紛れて容量まで減量した?

と疑ってしまったので早速調査すると意外な事実が明らかに!

クーリッシュが小さくなった?の声が多数

ロッテのクーリッシュ、

“久しぶりに食べたらサイズが小さくなってる?!”ともっぱら話題です。

ネットに溢れる「クーリッシュ、小さくなったよね?」の疑いの声。

たしかに、むかしは両手でチューチューしてたイメージだったクーリッシュですが

今は片手で持っててもゴクゴク飲める&すぐに無くなってしまうイメージ…

コトの真相はどうなんでしょう?↓

【衝撃】クーリッシュの容量と値上げの歴史


冷凍 ロッテ クーリッシュ バニラ 140ml×24個
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 クーリッシュ
内容量 140ml
参考小売価格 150円(税別)
発売日 2003年6月~

価格・内容量推移
年月日 内容量 価格(税別)
2003年6月~ 140ml 120円
2008年4月~ 140ml 130円
2019年3月~ 140ml 140円
2019年3月~ 140ml 150円

2003年発売以降、原料高騰・人手不足などを理由に10円ずつ値上がりしていったクーリッシュ。

しかし!

意外なことに、発売当初から内容量はずーっと140ml、変わってないのです!

クーリッシュさん、値上げのタイミングで容量も減った?と疑ってました!ごめんね

ただ、昔からクーリッシュは、代表的なカップアイスの

  • スーパーカップ(200ml・150円)
  • 爽(190ml・140円)

に比べると、内容量の割に高めの値付けなので、

クーリッシュ=割高感

は、どうしてもありますよね~。

クーリッシュ・容量変わってないのになぜ「小さくなった声」?

ゼリー飲料のように、片手で絞りだしてチューと飲める画期的なアイス「クーリッシュ」。

小さくなった・容量減った?」

と疑惑の声が絶えない理由は

  • パッケージの持ちやすさの変更
  • パッケージの縦横比の変更
  • ストローの大きさを変更

など、いろんな編成をたどっていることに関係しています。

クーリッシュ

引用:https://www.lotte.co.jp/entertainment/shallwelotte/product/development/coolish/

クーリッシュは

不織布を包装材に挟み込み、持ったときの冷たさを緩和

飲み口を広げたことで、吸いやすく押し出やすく

内容量はそのままに厚みを薄くして、もみやすく

子どもでも開けやすいよう、大きなキャップを採用

と、内容量はそのままに、パッケージや容器に改良を重ねてきた歴史があったんですね!

 

なぜ

「昔より小さくなった…?」

という意見が多いのかというと、答えは

「消費者にとっては食べやすく持ちやすくなり、より早くお腹に消えてしまうため」

というのが真相だったようです…!

クーリッシュ、美味しくて食べやすいのも罪ですね笑

まとめ

クーリッシュのパッケージ一覧や改良の歴史と変化を調べてみました!

容量は2003年の発売当初からずっと140mlで変わってないというのは驚きの事実でした。

ちなみに、クーリッシュに限らず、アイスクリームは賞味期限の表示義務がないものの、

一度溶けてしまうと食感が失われるだけでなく雑菌が繁殖して再冷凍してもお腹を壊す場合があるので要注意!

一度買ったクーリッシュはなるべく早く食べきるようにしてくださいね。

溶けたアイスの危険性-

溶けたアイスの食中毒事例!症状は何時間後に出る?【仰天ニュース】

2022年9月8日
ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツはどこの国の会社?本社や工場は日本にあるの?

2022年9月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。