キョン(羌)と鹿の違いは?増える理由は生態の違いにあった!

キョン(羌) 鹿(ニホンジカ)

 

外来種害獣キョン(羌)はどうしてあっという間に増えてしまうの?

キョン(羌)は台湾原産の、体長1m体重10kgほどの小型シカ。

鹿(ニホンジカ)とキョン(羌)は、顔つきがよく似てるので

キョン=小さい鹿

というイメージもありますよね。

しかし、キョン(羌)は確かに、シカ科の仲間ではあるものの、

  • オスには牙がある
  • 繁殖期は1年中!
  • 生後たった半年で妊娠・出産可能
  • 群れない!単独行動する
  • 小さくて素早い!
  • 雑食性が強い!

など、鹿の生態とは大きな違いがあるため、繁殖力が強い動物なんです。

 

キョン(羌)と鹿の違いとは?

 

日本で鹿といえば二ホンジカ!哺乳類のシカ科の一種がキョン(羌)です!

シカ(鹿、英語: Deer)とは、シカ科に属する哺乳類の総称で、

約16属36種が世界中の森林に生息しています。

シカ科の仲間
  • ニホンジカ(シカ科シカ属)
  • トナカイ(シカ科トナカイ属)
  • ヘラジカ(シカ科ヘラジカ属)
  • キョン(シカ科ホエジカ属)

などが日本では有名です。

ただ、日本国内で単に「シカ」と言うときは、

ニホンジカ(英語: Cervus nippon)を指すことが多いのだとか。

ニホンジカ
奈良公園にいる鹿も「ニホンジカ」ですね!

 

いっぽう、キョン(羌)は、中国東部や台湾が原産の小型のシカ

鹿の中でも「シカ科ホエジカ属」に分類されるシカの一種。

2005年から伊豆大島や千葉県で野生化して分布が広がったため、

2005年から環境省が定める指定特定外来生物に指定され、駆除&捕獲対象になっています。

 

鳴き声の違い!

 

まずは、鳴き声の違いからご紹介!

鹿(ニホンジカ)もキョン(羌)も、シカ科の哺乳類ですが

彼らの鳴き声はずいぶん違います。

 

キョン(羌)=ワーン!・ア”~!

 

キョン(羌)の鳴き声は、

「ウォーン、ウォーン」

「ギャオー、ギャオー」

など、よく「犬」に例えられます。

 

威嚇したり天敵の存在を仲間に知らせるときなど、

犬が吠えるような大きな声で鳴きます。

 

▼40秒動画★これがキョンの鳴き声!

元動画:住民大迷惑!暗闇に響く“不気味な鳴き声”【Nスタ】

「ア”~!」

と、ガラの悪いおじさんみたいな野太い声で鳴くキョン(羌)。

夜行性のため、鳴き声もほとんど夜に聞こえることから、

住宅地にこんな鳴き声が夜中に響き渡るのは、ちょっと怖いですよね。。

 

鹿(ニホンジカ)=フィーー

▼15秒動画★これが鹿の鳴き声!

元動画:鹿の鳴き声【奈良鹿チャンネル】

 

鹿(ニホンジカ)のオスは発情期になると

「フィー」

「ギィィィー」

と聞こえる、遠くまで響き渡る声を発し求愛を行います。

  • 『鹿の遠音』(しかのとおね)… 琴古流尺八の古典本曲として有名な曲
  • 『秋の曲』(あきのきょく) 箏曲…幕末に活躍した 吉沢検校作曲

など、古くから鹿の鳴き声を描写した古典の楽曲などもあり、

鹿(ニホンジカ)の声は、どこか切なく哀愁漂う音として親しまれてきました。

 

体格と色の違い

 

ずんぐりむっくりキョン(羌)と、スラっとした鹿(ニホンジカ)。

キョン(羌)は体長70~100cmと小柄で足が短いですが、

鹿(ニホンジカ)は体長90~190cmくらいあります。

 

キョン(羌)

Muntiacus reevesi Toruń

キョンは体長1m、体重10kgほどの小型のシカ。

体色は茶褐色で、お腹は黄色がかかっています。

目の上から頭にかけて黒い線があるのも特徴的。

大きさは柴犬などの中型犬より少し大きめくらいです。

 

鹿(ニホンジカ)

 

鹿(ニホンジカ)はスラっとして足が長く、体高は、人間の腰上くらいの高さまであります。

大型のメスで80kg、オスは200kg近くもあることも。

全身は茶色・尻の毛は白。夏には胴体に白点が出現し、冬になるとほぼなくなります。

 

角の違い

 

キョン(羌)のオスのツノは長くて15cm程度、分岐せず、まっすぐに1本生えるだけです。

 

鹿(ニホンジカ)のオスに生える角は大きいもので70cmにもなり、

枝分かれした角(枝角)を持ち、春先になると落下し新たな角に生え換わります。

 

牙の違い

 

キョン(羌) キョン(羌)

キョン(羌)のオスには、なんと

ニョキっと出た牙(上顎犬歯)

があります!

鹿(ニホンジカ)には、雄雌どちらにも牙はありません。

 

食べ物の違い

 

キョン(羌)も鹿(ニホンジカ)も、草食動物。

どちらも、ササ類の葉、木の葉、樹皮などを季節によって食べます。

 

しかし、近年、野生化したキョン(羌)による雑食性が問題視されていて、

 

  • アリドオシ ←鹿(ニホンジカ)が嫌って食べない植物
  • スイカ、トマトなどの農作物
  • 肉類を原材料としたドッグフード

などを食べることが報告されています。

 

繁殖期と初産年齢の違い

キョン(羌) 鹿(ニホンジカ)
繁殖期 無し(1年中) 9月下旬~11月
妊娠期間 約220日 約230日
初産年齢 生後半年~ 2~3歳

 

キョン(羌)は、繁殖力が強い動物と言われるだけあって、

なんと、特定の繁殖期がありません。

産まれたメスは、早ければ生後6ヶ月で妊娠・出産可能で、

メスは一年を通じて繁殖するため、

放置すればどんどん数を増やしてしまいます。

 

いっぽう鹿(ニホンジカ)の繁殖期は、毎年9月下旬~11月、

初産年齢は2~3歳で、1歳で妊娠するのは極めて稀な例なのだとか。

 

行動の違い

 

キョン(羌)は群れを作らず、雄雌ペアまたは、単独で行動します。

鹿(ニホンジカ)は、オスメス別々に群れを作って行動します。

この生態からも、キョンが爆発的に増えてしまった理由がありますね。

“指定特定外来生物“キョンの繁殖問題

 

キョン(羌)は、2005年に外来生物法により『特定外来生物』に指定されています。

 

現在キョンが野生化して大繁殖している地域は千葉県伊豆大島

どちらも、1970年~1980年に、動物園で飼育されていたものが逃げ出してしまったことが原因で、

農地や林野を荒らしたり、交通事故の被害など、人間の生活に大きな影響を与えています。

 

お話ししたように、キョン(羌)は鹿(ニホンジカ)と同じシカ科の仲間ではありますが、

  • 群れずに単独で行動できる
  • 繁殖期が1年中
  • 妊娠可能な年齢が早い
  • 小さく素早いため捕獲が困難
  • 雑食性が強い

などの生態系の特徴があり、繁殖力が極めて高い動物。

日本には天敵もいないため、いったん野生化すると増え続けてしまうのですね。

 

キョン(羌)の肉は、台湾などでは高級食材として人気もあることから、

房総半島では、「キョン」のジビエ化に乗り出す動きもありますが、

なかなか根本的な解決には程遠いようです。

 

キョン(羌)と鹿の違いと増える理由まとめ

 

キョン(羌)と鹿(ニホンジカ)の違い。

見た目の体の大きさや角の長さ、キバの有無以外にも、

キョン(羌)が大繁殖してしまう条件はたくさんありました!

ちなみに、キョン(羌)の食用肉は、脂もさっぱりしてとてもおいしいのだそう。

[キョン(羌)の食用肉の味は?日本に来た理由と名前の由来]

も是非読んでくださいね!

きょん

キョン(羌)の食用肉の味は?日本に来た理由と名前の由来も!

2020年11月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。