モクレン・ハクモクレン・マグノリアの違いと花言葉!英語では?

マグノリア 

 

一億年前の恐竜達も食べていた、必ず北向きに咲く神秘的な花があるとしたら…

見に行きたくなりませんか?

早春の頃から咲きだすモクレン(木蓮)の花たちは、春を告げる花のひとつ。

モクレン(木蓮)は英語で

Magnoliaマグノリア“

と言って、日本には中国から伝わったと言われています。

木蓮の中でも、白くて丸いたまごのような形をしたハクモクレン(白木蓮)のそばには、

見た目がそっくりなコブシ(辛夷)の花も。

ハクモクレン(白木蓮)とコブシ(辛夷)の見分け方や花言葉などを紹介します。

 

モクレン(木蓮)とは?

 

モクレン(木蓮)は字のごとく、枝の上に蓮の花が咲いているような丸い花の形をしています。

 

かつてはラン(蘭)にも似ている姿から

「木蘭(モクラン)」

と呼ばれていたことも。

 

モクレン(木蓮)の原産国は中国ですが、日本では平安時代にすでにあったと書籍に記録が残っています。

モクレンの仲間はアジアを中心に、約100種類以上は分布していると言われています。

科・属名 モクレン科・モクレン属
英名 Magnolia(マグノリア)
原産地 中国
開花期 3~5月
花のもとの色 「紫」
別名 シモクレン(紫木蓮)・モクラン
旬の季節

 

モクレンは英語でマグノリア

 

樹高・花の形、色は種類によってさまざまありますが、モクレン属の植物を総称して

「Magnolia(マグノリア)」

と呼びます。

ちなみに“マグノリア“は、18世紀のフランスの植物学者ピエール・マニョル(Pierre Magnol)の名前にちなんでいます。

 

一般的にモクレンは「紫」だけど…

 

モクレン(木蓮)といえば、白木蓮(ハクモクレン)の白い花が有名ですが、

もともと外側は赤~ピンク色。 内側は白の外側と内側の コントラストが美しい花。

 

▼シモクレン(紫木蓮)

Magnolia_liliiflora

引用:wikipedia

 

園芸界では「モクレン(木蓮)」というと、

一般的には『紫の花』の低木(3~5m)、「シモクレン(紫木蓮)」のことを意味します。

 

対して、白いモクレンの品種は「ハクモクレン(白木蓮)」という高木(10m以上)。

 

他には同じモクレン属で日本産の「コブシ(辛夷)」もポピュラーですね。

「シモクレン(紫木蓮)」

「ハクモクレン(白木蓮)」

「コブシ(辛夷)」

これらはすべてモクレン属(マグノリア)の仲間ですが、

時代とともにだんだん混同&簡素化されて、すべて

「モクレン(木蓮)」

と呼ばれる事もあります。

ハクモクレン コブシ

ハクモクレンとコブシの違い!見分け方は葉や蕾(つぼみ)や時期にあり?

2020年4月23日

 


モクレン属(マグノリア)全般の花言葉

 

モクレン(マグノリア)全体の花言葉は

『自然への愛』
『崇高』
『持続性』
『忍耐』

マグノリアの英語の花言葉

 

『love of nature(自然への愛)』
『nobility(崇高)』
『perseverance(忍耐力)』
『dignity(威厳)』
『dignity(尊厳、品格)』

 

花言葉の由来・モクレンは恐竜も食べていた?!

 

『自然への愛』というモクレンの花言葉は、春に花と葉を一気に芽吹かせる姿に由来しています。

 

驚くべきことに、モクレンの木は恐竜が生きていた白亜紀(約9,500年前)の地層からも植物化石が発見されていて、

世界最古の花といわれています。

 

その頃から変わらずに美しい花を咲かせていることから

『持続性』

という花言葉も付けられました。

 

続いては、モクレンの代表格といえば

この二つも押さえておきましょう

 


ハクモクレン(白木蓮)の花言葉

マグノリア

 

ハクモクレンの花言葉
『気高さ』
『高潔な心』
『慈悲』

日本では、「モクレン」といえば紫よりも白のハクモクレンの方が一般的にはポピュラー。

 

樹高が比較的高く、10~15mに生長し、3月頃~4月頃に白い花を咲かせます。

 

春の訪れを待ち望むように咲く姿から、

原産国の中国では

「望春花」

という別名を持っています。

 

必ず北向を向く指南針・コンパスフラワー

 

ハクモクレンは、必ず上か斜め上向きに咲き、暗くなると閉じる習性があります。

 

なぜなら、シモクレンの蕾(つぼみ)は日の当たる南側が脹らんでくるため、

先端が北側に倒れるからです。

ハクモクレン つぼみ

 

ハクモクレンの別名は「コンパス・フラワー」。

 

森で道に迷ったら、シモクレンの花が方角を教えてくれます。

迷い人を『慈悲』の優しい心で正しい方向に導いてくれる花なのですね。

 

コブシ(辛夷)の花言葉

拳 コブシ

 

コブシの花言葉
『友情』
『友愛』
『愛らしさ』
『歓迎』

日本原産のコブシは、ハクモクレンとよく似ていますが、花がひと回り小さく、

花びらが、上・横・下、あっちこっちを向いています。

和名 辛夷(コブシ)
原産地 日本、韓国済州島
見ごろ時期 3~5月
学名 Magnolia kobus
英名 Kobushi magnolia, Northern Japanese magnolia
別名 田打ち桜(タウチザクラ)・山蘭(ヤマアララギ)

 

小さめのつぼみ(蕾)が子供の「握りこぶし」に似ていることに由来します。

大きく開く様子は、手のひらを広げて「いらっしゃい」と歓迎してくれているようです。

花言葉は、そんなコブシのフレンドリーなイメージにぴったり。

日本の「おもてなし」の心にも通じている感じがしますね。

 

マグノリアの香りは精油でも楽しめる

 

モクレン属の花木の香りは、一言で言うと“上品・柑橘系でさわやか“。

決して強い香りではありませんが、

『マグノリア(Magnolia)』

の名称でアロマオイルが販売されています。

モクレン マグノリア アロマ

一般的には

「タイサンボク(泰山木)」

というモクレン科の仲間から抽出したものが主流になります。

元気がほしいときリフレッシュできる気分高揚作用がある

とされ人気のアロマオイル一つです。

 

モクレン・ハクモクレン・マグノリアの違いと花言葉!英語では?まとめ

 

モクレンの仲間はアジアを中心に分布していて、樹高や花の形、色は種類によってさまざまですが、紫も白もコブシも、すべてモクレン属(マグノリア)の仲間です。

日本では、桜や梅に比べると花姿は地味かもしれませんが、

花言葉や、1億年も前からずっと咲きつづけていること、そして平安時代からすでに日本で栽培されていたこと、

などを知るととても愛着が湧いてきませんか。

春は一度モクレンの木の前で足をとめて、花の姿や香りを楽しんでみてくださいね。

ハクモクレン コブシ

ハクモクレンとコブシの違い!見分け方は葉や蕾(つぼみ)や時期にあり?

2020年4月23日

花言葉関連記事

 

水仙 花言葉-

水仙(スイセン)の黄白紫の色別の花言葉!ナルシストで怖い由来とは?

2020年4月21日
ハルジオン 花言葉

ハルジオン(春紫苑)花言葉の意味!歌詞や『あの花』の追想の愛とは?

2020年4月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です