睡眠不足は甘いものを食べて太りいやすくなる?なぜ痩せるのが難しい?

睡眠不足 肥満

 

 

「睡眠不足・寝不足は太る」

と言われる一方で、

「寝る子は育つ」

「寝るとダイエットになる」

とも言われ、どうやら

「睡眠」と「肥満」

この2つの関係はとても深いようです。

・夜更かしで甘いものが食べたくなるのはなぜ?
・寝不足が太る理由
・スッキリ寝るためのコツ

などを紹介したいと思います。

 

睡眠不足が肥満につながる原因4つ

睡眠

『睡眠不足が肥満には何らかの関係がある』

というのは、世界中の研究機関で科学的にも明らかになっている事実。

 

 

夜中まで起きていると、お腹が空いてるわけじゃないのに、なんとなく口さびしくて、

気が付いたら、せんべいや甘いチョコなどに手を出しちゃってた…という経験はありませんか?

 

夜、食べてしまう習慣がやめられないのは、性格や意志の力のせいではなく、

実は、脳やカラダの仕組みが原因です。

 

直接の原因はさまざま考えられていますが、現時点で主な原因といわれているのは下記4つ。

1)食欲ホルモンのバランスが崩れる
2)脳機能の低下
3)成長ホルモンの低下
4)ストレスホルモン・コルチゾールの増加

詳しくみていきましょう。

 

1)食欲ホルモンのバランスが崩れ、暴飲暴食に

睡眠

人間には食欲をコントロールする2つのホルモンがあります。

「グレリン」…食欲を促進&増進させるホルモン
「レプチン」…食欲を抑制する働きのホルモン

 

 

睡眠不足が続くと食欲増進系のグレリンが体内に増え、抑制系のレプチンが減ってしまいます。

 

その結果、口さみしくなり、気が付いたら食べ過ぎの方向へ向かってしまうのです。

 

2)脳機能の低下

夜 寝落ち

睡眠不足の状態だと、脳がブドウ糖(炭水化物)をエネルギーにする機能が低下することも分かっています。

 

脳の血糖値が下がると、脳が「食べないと死んじゃうよ!」という指令を出すため、強い空腹感をもよおします。

 

 

“脳内ホルモン”と言われる神経伝達物質「ドーパミン」は、空腹中枢をコントロールしていますが、

寝不足になると反応しづらくなり、いくら食べても満足しない状態になります。

 

結果、味の濃いものや、甘いお菓子類が無性に食べたくなり肥満へとつながります。

 

3)成長ホルモンの低下

 

成長ホルモンといわれる、炭水化物や脂肪を燃焼させやすくする「成長ホルモン」の働きは、睡眠中に分泌されると言われています。

 

成長ホルモンは、名前の通り子供時代は“身長を伸ばすホルモン”ですが、

成人すると体内でエネルギーを作り出す“代謝”に大きくかかわる大切なホルモンです。

 

睡眠不足になると

成長ホルモンが不足する → カラダの代謝が低下 → 太りやすくなる

といった負のスパイラルなのです。

 

4)ストレスホルモン・コルチゾールの増加

 

人間の体はストレスを受けた時、体が反応して「コルチゾール」というホルモンが副腎で分泌されます。

ストレス

コルチゾールは過度に増えすぎると体の酸化につながる厄介な物質で、ダイエット時には大きな影響があります。

・脂肪をつくる
・食欲を増進させる
・老化
・低体温

などの作用がコルチゾールにはあるからです。

食欲を増し脂肪を溜めこむホルモン「コルチゾール」は、

睡眠不足になるとコントロールが出来ない状態になってしまうと言われています。

 

睡眠はホルモンとの繋がりが大きい

 

人間には体内に100種以上のホルモンがあるといわれていて、体の中で作られています。

 

それぞれのホルモンが決まった役割を果たし、体の機能をコントロールすることで、私たちの体は正常に保たれています。

 

お話しした通り、睡眠不足によって

・食欲ホルモン
・脳内ホルモン
・成長ホルモン
・ストレスホルモン

などのバランスが崩れることで、結果太りやすい体質になってしまいます。

 

そして、

「夜、気が付いたらいつも寝落ちしてしまうんです…」

と、日ごろから相当お疲れの人は、睡眠リズムに大きく関係する

メラトニン(別名:睡眠ホルモン)

というホルモンも不足しているかもしれません。

 

メラトニンが夜に正しく分泌されるためには

  • 日中適度な朝日を浴びること
  • 夜寝るときは光がないこと

という条件があります。

「日中、眠くてだるい」

「夜寝る時はずっとスマホをみてしまって寝付けない」

と言う人はこちらもクリック↓

電気をつけたまま寝落ち対策!明るいところで寝ると太る&頭痛の原因にも?

 

快眠に効く食事や飲み物

 

胃腸が活発に働いていると、体を休めることができません。

 

忙しい毎日を送っている方も、

夕食は消化に時間がかかる肉や揚げもの、炒め物は少量にして、あっさりした和食や炭水化物が少なめの食事を、

そして、布団に入る3~4時間前までには済ませておきたいものです。

 

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは、脳を興奮させて睡眠の妨げになってしまいます。

 

カフェインの効果は2~3時間続きます。夜遅くに飲むのなら、カフェインの入っていない麦茶やほうじ茶、ハーブティーがおススメです。

 

アルコールも、ストレス解消に役立って睡眠にも効果的ですが、飲み過ぎには注意したいところ。

  • ビールなら中瓶1本くらい
  • ワインならグラス2杯程度

までが適量です。

 

寝酒は、すぐに眠りを誘うので便利なように思えますが、

結果的に眠りが浅くなり、疲れが取れず、トイレも近くなるので逆効果です。

 

睡眠不足は甘いものを食べて太りいやすくなる?なぜ痩せるのが難しい?まとめ

 

睡眠とホルモンの働きには深い関係があります。

“忙しくて睡眠時間を削らなければいけない”という方も多いと思います。

しかし、体の機能をリセット&毎日元気にすごすためにも、睡眠時間はきちんと確保していきたいものですね。

メラトニン

電気をつけたまま寝落ち対策!明るいところで寝ると太る&頭痛の原因にも?

2020年6月4日

▼睡眠本として異例のシリーズ30万部を超えるベストセラーがついにマンガ化!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です