箇所・個所・カ所・ヶ所の「かしょ」の使い分けや意味の違いって何?

ケ所-

 

場所を数える時に使う「かしょ」という言葉。

漢字変換すると

「箇所」「個所」「ヶ所」「ケ所」「ヵ所」「カ所」

などさまざまな表記がでてきます。

漢字とカタカナ、さらにカタカナは大文字小文字まで…もぅややこしすぎ!

一体どの表記を使うのが正しいのか、文章を書く時に毎回迷ってしまうことありませんか?

同じに見えて、じつは細か~く意味の違いもあるので、

マメ知識として知っておくと、使い分ける時に役立ちますよ。

 

 

「箇所」「個所」の違いと使い分けと使用方法

 

箇所・個所・カ所・ヶ所…

 

「かしょ」の違いについて、ややこしく違いが書かれている記事は沢山ありますが、

私が一番分かりやすいと思ったのは、

もともとは”箇所”と”個所”の2つの違いだけ!

まずはこの2つを抑えればOK。

 

”ヶ所””カ所”の違いは後ほどお話しするとして、

まずはややこしさの元凶となっている

”箇所”と”個所”の違いを見てみましょう。

 

「箇所」と「個所」の意味に大差無し

 

「箇所」と「個所」。

結論からいうと、意味としては、この2つに違いはありません。

 

どんな辞書も、2つを同じ意味の言葉として載せているものが、ほとんどです。(100%ではありません)

 

「箇所」と「個所」の、主な意味は次の2つ

か しょ 【箇所・個所】

(意味1)【名詞】
限定された特定の部分・場所。
(例;「読めない-がある」)

(意味2)【助数詞】
(「か所」「ケ所」とも書く)助数詞。『数を表す漢語』に付いて、特定の部分や場所を数えるのに用いる。
(例:「二、三-誤りがある」)

引用:三省堂 大辞林 第三版 より

 

つまり、『数を表す漢語』の後ろにくっつく【助数詞】として使うなら、

  • 1か所
  • 1ケ所
  • 1箇所
  • 1個所

いずれもOK、正しいということですね。

 

「箇所」と「個所」の漢字の使い分け

 

先ほどお話ししたように「箇所」と「個所」はどちらも

  • 【名詞】…ものごとの中の問題とされる場所を指す場合
  • 【助数詞】…場所の数などを表すのに使う場合

の2つの意味がありました。

 

ただ、敢えて2つの違いを指摘するなら

  • 「箇所」…常用漢字表に有る漢字
  • 「個所」…常用漢字表に無い漢字

という使い分けがあります。

 

ですから、「箇所」の方が一般的に多く使われていて、公文書でも「箇所」が用いられています。

 

文化庁の常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)によれば、

そもそも「個」本来の常用漢字表に記載されている読み方は「コ」のみ。

 

例としての使い方は「個人・個性・一個」などで、

「個」に「カ」という読み方はありません。

 

そのため、正式な公用文においては「箇所」が正しいということになります。

 

下記辞典の説明文でも、「箇所」の説明文に「個所」は出てこないようですね

箇所(かしょ)

場所や部分を言い表すときに用いる言葉。特定の部分を指すときに使用することが多く、例えば「分からない箇所がある」や「該当の箇所」などというように用いる。同じ読み方の「カ所」は、物や場所の数を数えるときに、数字をつけて助数詞として使用する。

実用日本語表現辞典 より

 

 

「箇」と「個」の漢字の意味の違い

 

「箇所」「個所」の2つに違いはない…と言っておきながら、

実は100%同じとは言い切れないのがまたややこしいところでした。

 

「箇」と「個」の漢字の意味の違いを、さらっと見ておきましょう。

 

「箇」の意味

  • 物を数える語
  • ある特定のモノや場所を表す語
  • 「箇」は音読みで「カ」

 

「個」の意味

  • 物を数える語
  • 全体の中のひとつ
  • 「個」は音読みで「コ」

たとえば、「個人」という使い方が一般的ですね。

多数の人の中にいる1人の人=個人、という概念です。

 

カ所・ヵ所・ケ所・ヶ所…って何?小文字と大文字の使い分けは?

 

「箇所」と「個所」の意味の違いや使い分けを押さえたところで、

お次は「カ所・ヵ所・ケ所・ヶ所」の違い。

 

使い方は【数助詞】のみ!

 

箇所・個所は、【名詞】【助数詞】の2つの意味がありましたが、

カ所・ヵ所・ケ所・ヶ所は、【助数詞】としての用法のみに限られるという点に違いがあります。

 

例文を挙げれば一目瞭然なのですが、例として

「この辺には公園が三カ所ある」と【助数詞】として使われますが、

×「この英文のこのヶ所が分からない」などと【名詞】としては使いませんよね。

 

小文字「ヶ」や「ヵ」の由来とは?

 

1ヵ所、3ヶ月…数えるときだけしか使わなさそうな、小さい片仮名の「ヶ」と「ヵ」。

この子たち、いったいどこから来たんでしょうか?

 

その答えは、漢字の「箇」が発端。

もともと漢字で「一箇所」という表記をしていたところ、

この「箇」が略されて、

  • 竹かんむりの「ヶ」が1つだけ取られたという説
  • 「箇」の異体字の「个」を崩して「ヶ」になったという説

の2つが有力なようです。

 

「ヶ」は「ケ」の小文字じゃない!

 

つまるところ、「ヶ」は「ケ」の小文字ではなく、「箇」や「个」から派生した記号のようなもの。

そして、形が似ているということで、大きいほうの「ケ」が、「ヶ」の後から使われるようになったんだとか。

 

じゃぁ、小さい「ヵ」は何なの?

 

「ヶ」と「ケ」が登場した後、実際の「箇」の読み方の音である「カ」を反映させて

「〇カ所」という表記が出来上がりました。

 

 

「ヶ」⇒「ケ」⇒「ヵ」⇒「カ」の流れのまとめ

最初に「箇」や「个」が略されて「ヶ」という記号に。

「ヶ」があるなら大きい文字の「ケ」も使おう

実際の読み方の音「カ」を反映させて「〇カ月」という表記が完成

小さい「ヶ」もあるし、「カ」も小さくして「ヵ」も使お!

 

 

なので、つまるところ

  • 1箇所
  • 1個所
  • 1カ所
  • 1ヵ所
  • 1ケ所
  • 1ヶ所

いずれもOK、どれを使っても正解です。

 

間違いじゃないから、逆にみんなが混乱しちゃうんですね。

 

…とはいいつつ、

「1ヶ所」と「5か月」が混在してしまっている文章は、かっこ悪いですよね。

 

重要なのは、同じ文章中で異なる複数の表記を使わないこと。

 

とくに、放送や出版などの業界では、社内で統一ルールを決めていることが多く、

ネットメディアなどでは、業界標準として使われることも多い『記者ハンドブック』(共同通信社)に合わせて

「〇カ所」

という大きい「カ」を使う表記が基本だそうですよ。

 

地名などの固有名詞はまた別問題

 

ただし!お気づきの人もいらっしゃるかもしれませんが、

地名などの固有名詞で使われる、小さい「ヶ」などは、また別問題。

 

たとえば、「自由が丘」や「霞が関」は平仮名に統一されていたり、

佐賀県の「吉野ヶ里」・静岡の「三ヶ日」などは小さい「ヶ」を使うように、

地名はその土地の文化や歴史的背景と密接に関わりますから、画一的に説明することは出来ません。

 

箇所・個所・カ所・ヶ所の「かしょ」の使い分けや意味の違いまとめ

 

「かしょ」の使い方や意味。

使い方によって書き方も微妙に変わってくるのですね。

●物や場所の数を数えるとき【助数詞】

1箇所
1個所
1ヵ所、2カ所…
1ヶ所、2ケ所…

全部使い方は正解!
.

●場所や特定部分を言い表すとき【名詞】

訂正箇所、危険箇所…

⇒「個所」も使えるが、厳密には箇所が正解

⇒「訂正ヵ所」「危険ケ所」などとは言わない!

日常的に使う場合は、そこまで「箇所」と「個所」の使い分けや

「ケ」や「カ」のカタカナの大きさは気にしなくていですが、

文章として公に打ち出す時には、統一したほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です