バナナが苦手で嫌いな人に!おすすめの食べ方や美味しい克服レシピをご紹介!

banana

 

日本人にとって身近な果物、バナナ。

 

バナナは、腸の働きを良くすることで便秘を改善する効果や、

代謝を手助けする働きがある

「元祖・スーパーフード」

です。

 

朝食にぴったりで、栄養価が高く、腹持ちもいいことから、

一時期「バナナダイエット」としても人気が出ましたよね~!

 

包丁も不要なので、食べやすくてランチなどの持ち運びも超便利。

 

ポテンシャルの高いバナナですが、とくに若い年齢層では苦手で嫌いな人が意外と多いのも事実。

 

実は、かつては私もそのひとりでしたが、

健康のことを考えて、何とかバナナ嫌いを克服したくって色々とバナナレシピを試すうち、

ほんのカンタンな一手間で、バナナの味が劇的に変化することを発見!

「バナナってこんなに美味しいフルーツだったんだ!」

と、新発見間違いなしのレシピを集めました。

 

バナナが苦手な人におすすめ!バナナ嫌いを克服できる美味しい食べ方6つ!

 

「バナナがどうも苦手」

「子供に食べさせたいけど食べてくれない…」

「いつもの食べ方に飽きちゃった」

と言う全ての方に、新しいバナナの食べ方を紹介しちゃいます。

 

 


1.完熟して黒ずんでしまったバナナ

 

誰もがやりがちですが、バナナを完熟させすぎて黒ずみ、

もう捨てるしかないのか…

と言う状態の、可愛そうなバナナ。。
バナナ

 

そんな時は、潔く生ごみへポイ!じゃなくて、

バナナをフォークなどで潰して、パンケーキにしちゃいましょ

ホットケーキミックスを常備しておけば、

優しい甘さがプラスされて、お子さんも喜ぶおやつの出来上がり!

 

 

2.温めバナナ

 

一般的にフルーツは、冷やしたほうが美味しく食べられますが、

バナナは温めても美味しく食べられます。

 

温め方も様々ありますが、

一番簡単なのは

「レンジでチン!」

する方法。

 

皮をむいたバナナを40秒ほど

温めるだけでホットバナナが出来ます。

 

温めたバナナは糖度が2割増にアップするため、

常温の時より甘い状態で食べられて

美味しさが増しますよ!

 

バニラアイスのトッピングにしても美味しいですよ~!

 

3.揚げバナナ

 

揚げバナナは、インドネシアでよく食べられているバナナレシピ。

屋台でも売られている身近な庶民の味です。

揚げバナナのレシピ
  1. バナナを1センチ幅の輪切りにする
  2. シナモン・薄力粉・水をよく混ぜまぜてを作る
  3. 中火でカリッとなるまで揚げる
  4. バナナが熱いうちにバターを和えて完成

揚げるという調理は一手間必要ですが、

揚げたバナナはカリッとしていて香ばしく

またまた、お子様のおやつにもぴったり。

 

4.焼きバナナ

 

私のいちばん好きな食べ方が

「焼きバナナ」です!

 

フライパンに皮をむいたバナナと

砂糖を入れて焼き、砂糖が煮詰まり

カラメルっぽくなったところにバターを投入!

 

これだけで、甘くておしゃれなデザートになりますよ!

 

生バナナの食感が苦手な方でも、カリッと食べられて

バターの風味が効いているので

美味しく食べられること間違いなし。

 

 


5.混ぜバナナドリンク

 

牛乳と一緒にミキサーで混ぜて作る「バナナミルク」

 

ドリンクにしてしまえば、

バナナ独特のねっとり感が苦手と言う人でも、サラッと美味しく飲めますね。

 

より甘いほうが好きな人はさらに練乳を加えたり、

牛乳の代わりにココナッツミルク・ヨーグルト・豆乳なども相性抜群!

 

ココナッツミルクを入れたバナナジュースは、エスニック風のドリンクになります。

 

いろいろ試して自分の好きな味を、探してみるのも楽しいですよ!

 

6.冷凍バナナ

 

皮をむいたバナナをラップでくるんで

フリーザーバッグに入れ、

あとは冷凍庫に入れてるだけの、

「シャリシャリ冷凍バナナ」。

 

バナナの甘みもそのままに、シャリシャリとした食感になるので

我が家では夏場などはシャーベットを代わりに

食べている感覚になります。冷凍庫に常備しています。

 

また、完熟してしまったバナナを、

手のひらで平べったく潰してから冷凍するのも、保存期間を伸ばせる方法。

 

そのまま他のフルーツと一緒にミキサーにかければ、

シャーベット風のミックスジュースになりますよ。

 

 

美味しいバナナの原産地

 

私たちにとって身近な果物のバナナ。

 

バナナの原産国は、何となく南国のイメージがありますが、

正解は、インドネシアとマレー半島

 

2つの地域を原産とする品種が元となって、今の美味しいバナナが作られてきました。

 

今でもこれらを含む暖かい地域を中心にバナナが多く栽培されていて、

栽培地域一帯を「バナナベルト」と呼ぶこともあるんだとか。

 

なんだかかわいい名前ですね!

 

日本のバナナ輸量は平成22年の財務省貿易統計によると、約110万9千トン!

 

主に、フィリピン・エクアドル・台湾からの輸入で、

国民1人あたり年間約8kg(約100本)ものバナナを食べている計算になり、

みかんについで2番目に消費量が多い果物なんですって!

 

日本人がいかに、みかんとバナナが好きなのか、実感しますね。

 

バナナが苦手で嫌いな人に!おすすめの食べ方や美味しいレシピまとめ

 

紹介したバナナの美味しい食べ方は

  • 温める…揚げバナナ、焼きバナナ、レンジなど
  • 混ぜる・つぶす…牛乳や、ホットケーキミックスなど
  • 冷やす…冷凍する

など、とってもシンプルですぐ試せるレシピばかり!

バナナが苦手で嫌いな人も、ちょっと工夫することで、美味しく食べてもらえると嬉しいです(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です