グレープフルーツとピンクグレープフルーツ違いは色だけ?栄養や見分け方も!

グレープフルーツ-

 

甘酸っぱく爽やかな風味の柑橘類グレープフルーツ。

すっきりとした香りは、アロマオイルとしても人気があります。

グレープフルーツには様々な種類がありますが、

大きく分けると

  • グレープフルーツ(白・ホワイト)
  • ピンクグレープフルーツ(赤・ルビー)

の2種類。

ルビーの方は果肉がピンク色で、皮の表面もホワイトに比べると赤みがかっています。

昔はホワイトが9割でしたが、今は流通量も値段もほぼ同じ2種類。

どちらを買おうか迷いますが、

そもそもグレープフルーツは色で違いがあるのか、

赤(ルビー)と白(ホワイト)のグレープフルーツの栄養価や味の違い、

意外と知られていない、身体への嬉しい効果や特徴もご紹介!

 

グレープフルーツとピンクグレープフルーツの特徴

 

ホワイトグレープフルーツ ピンクグレープフルーツ
味の特徴 さわやかな甘酸っぱさ 酸味控えめで甘め
流通の時期 2~3月頃開花、9~10月頃に熟し、翌年の6月までの長期間収穫可能
旬の時期 2月下旬から5月下旬
相場 1個150円くらい

 

 

  • ホワイトグレープフルーツ(白・ホワイト)

『マーシュ』という米フロリダ原産のものが、一番よく目にする一般的なグレープフルーツの品種。

果汁が多く、強い苦み成分ナリンギンが食欲を抑制。

ピンクよりお値段はやや安いことも。

 

  • ピンクグレープフルーツ(赤・ルビー)

俗に『ピンクグレープフルーツ』といわれる品種。

果肉が赤みがかったピンク色をしていることから『ルビー』とも呼ばれます。

カロテノイドを含むので、免疫力を高め、アンチエイジングも期待できる。

 

同じグレープフルーツでも、味やカラダへの効果に特徴がある2種類。

 

それぞれの特徴について詳しく解説しましょう

 


グレープフルーツの色の違いで何が違う?

スーパーで売られているグレープフルーツは、

ほとんどがアメリカや南アフリカからの輸入品

 

国内では鹿児島などでも栽培されているのですが、量としてはごくわずかです。

 

ちなみに、柑橘類なのになぜ“ぶどう“という意味の「グレープ」なのかというと、

一本の枝に数個の果実が集まって生る様子が

ぶどうの房のようにみえるというところからきています。

 

名前に「グレープ」とついていても、

ぶどうとは全く別の果物ということですね。

 

そして、グレープフルーツは果肉の色によって分類されます。

 

黄色い果皮に白みがかった薄い黄色の果肉。

 

これが普段見かけるもので、品種の名前は

『マーシュ』『ホワイトマーシュ』など。

 

一方、ピンクグレープフルーツは

黄~オレンジ色の果皮に赤みがかった果肉の『ピンク マーシュ』や、

さらに赤みが強い『ルビー』『スタールビー』などもあるんです。

 

じつは、これらの栄養成分は基本的には大きく変わりません。

ただ、この果肉の赤みが重要なのです。

 


グレープフルーツとピンクグレープフルーツの違いは栄養じゃなくて色素成分!

『栄養』『栄養価』『栄養素』といわれるものは、

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

という、いわゆる『五大栄養素』のことを意味します。

 

赤いグレープフルーツと白いグレープフルーツでは、この栄養面においては大差はほとんどありません。

 

では、決定的な違いは?というと、

カロテン(カロチン・カロテノイド)

という、色の色素が入っているかどうかの違い、です。

 

ピンクグレープフルーツの果肉の赤みはカロテノイド色素という、

植物が作る自然の色素で黄、橙、赤色をしています。

 

カロテノイド色素のなかにもいくつか種類がありますが、

ピンクグレープフルーツの赤みは

  • 人参に多く含まれる「β-カロテン」
  • トマトに多く含まれる「リコピン」

と同じ色素成分。

 

つまり、

ピンクグレープフルーツには、ホワイト種に含まれていない「β-カロテン」や「リコピン」が含まれている

ということが大きな違いとなります。

 

「β-カロテン」と「リコピン」って体にどう良いの?

 

「β-カロテン」「リコピン」が体内に入ると、ビタミンAとなり吸収されます。

 

ビタミンAには、

  • 抗酸化作用
  • 美肌、シミの予防
  • 目の粘膜を健康に保つ
  • 免疫力を高める
  • ガン予防
  • 生活習慣病予防

など、たくさんの健康効果の可能性が期待できます。

 

ピンクグレープフルーツ100gに含まれているBカロテンの量は約410mcg、

それに対してホワイトに含まれる量は、まさかの「0」。

 

ピンクグレープフルーツの赤みには、

こんな力があったなんて驚きですよね。

 

グレープフルーツとピンググレープフルーツは目的別で選ぼう

 

ここまでお話ししてきた内容ですと

「じゃあピンクグレープフルーツだけでいいのでは?」

と思ってしまいそうですね。

 

でも、そんなこともないんです。

 

ホワイトグレープフルーツは、ピンクグレープフルーツに比べて

苦み香りが強いことが特徴です。

 

苦み成分は「ナリンギン」という成分で、

食欲を抑える効果が期待できると言われています。

 

香り成分「リモネン」は、

これは、脂肪の燃焼を促す効果が期待できます。

 

とくに、食事の前にグレープフルーツを食べることで、

食べ過ぎを防ぎ、脂肪の蓄積を防いでくれるため、

無理のないダイエットをサポートをしてくれます。

 

つまり

ホワイトグレープフルーツ

食欲を抑えて、脂肪燃焼、ダイエットが目的の場合

 

ピンクグレープフルーツ

苦みが苦手で、より健康・美肌効果を期待したい場合

 

ということになります。

 

グレープフルーツは色に関わらず

 

  • 疲労回復に良いビタミンCやクエン酸
  • 脂肪燃焼効果のある香り成分のリモネン
  • 整腸効果のある食物繊維
  • 貧血予防、妊娠中に大切な葉酸

 

など、様々な成分を一度にとることができます。

 

美容やダイエット、健康の維持に大切な栄養素ばかりなので、特に女性には頼もしい果物ですね。

 


美味しいグレープフルーツの見分け方

 

グレープフルーツを早速買いに行こう!と思ったあなたに、

美味しいグレープフルーツの見分け方も伝授しちゃいましょう!

 

  • 形に凹みがなく、色が鮮やかなもの
  • 皮に張りがあり表面が滑らかなもの
  • ずっしりと重みを感じるもの

 

ジューシーで美味しいグレープフルーツは、手に持った時にずっしりとしてハリがあります。

ぜひ買う前には、手に取って確認してください。

※表面にシミがあるものがありますが、肉質には問題ありません

 

グレープフルーツのおすすめな保存方法

 

美味しくグレープフルーツを頂くには、保存方法も大事なポイントです。

 

3~6日であれば風通しの良い場所で、冷蔵庫じゃなくても、常温保存が可能です。

 

風通しのいい冷暗所や冷蔵庫の野菜室で上手に保存すれば、2~3週間以上は日持ちします。

 

カットしたものはラップをかけて冷蔵庫で保存し、早めに使い切ってしまいましょう。

 

ちなみに、筆者個人的には冷凍保存もおすすめですよ!

 

果肉部分を取りだして、冷凍用の保存袋で冷凍庫へ。

 

冷凍は1ヶ月ほど保存が可能になるので効率よく使うことができますよ。

 

食べたい時に、そのままミキサーにかけてジュースを作ったり、半解凍で食べたても美味しいです。

 

グレープフルーツとピンクグレープフルーツ違いは色だけ?栄養や見分け方まとめ

 

ホワイトグレープフルーツとピンクグレープフルーツ、

期待できる健康効果や味に違いはあれど、そもそもグレープフルーツ自体が

栄養豊富で美容や健康にとてもいいんですね。 

あなたも目的別に合わせて、少しずつ食生活に取り入れてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です