五大栄養素の覚え方!語呂(ゴロ)合わせと働きも!

 

「五大栄養素」
「必須アミノ酸」
「必須ミネラル」

などは、身近な栄養素として、食生活についての記事にも頻繁に登場するコトバです。

レシピをそのまま参考にするだけでなく、栄養バランスを意識しながらお料理することも、

免疫力を上げて体づくりをするうえで、とても大切ですよね。

わたしたちが元気でイキイキ生活するために、絶対に必要な栄養素。

カンタンで覚えやすい語呂合わせをまとめました。

 

栄養素と栄養の違いとは?

 

そもそも《栄養素》と《栄養》の違いって何なのでしょう?

たとえば、牛乳の「カルシウム」。

カルシウムは必須ミネラル16種類の一つですが、栄養学の分野から見ると、栄養素でしょうか、それとも栄養でしょうか?

答えはズバリ、カルシウムは《栄養素》であって《栄養》ではありません

 

栄養素とは

 

《栄養素》とは、食べ物に含まれるさまざまな物質のうち、体の働きに必要な成分の名前の総称です。

体のエネルギー源になる栄養素として、糖質・脂質・タンパク質があり、これが三大栄養素と言われます。

人間のからだは筋肉や脂肪、骨など色んな組織で構成されていますが、その最小単位が《栄養素》ということです。

人間は、一生涯、生命活動を維持するために、食品に含まれる《栄養素》を摂取し続ける必要があります。

 

栄養とは

 

《栄養》とは、体外から摂取した《栄養素》を原料として、

食べ物が体に消化吸収されることでエネルギーになったり、

体の組織に変化していく「仕組み・営み・処理・活用される状態」のことをいいます。

つまり《栄養》のもととなる物質のことを《栄養素》とよんで区別しています。

 

五大栄養素の種類

 

栄養素には、まずエネルギー源や体の組織となる

  • 糖質(炭水化物)
  • タンパク質
  • 脂質

があり、人間の体を維持するために絶対必要不可欠な「三大栄養素」とされています。

そして、これに体の調子を整える働きのある

  • ビタミン
  • ミネラル

を加え「五大栄養素」と呼んでいます。

 

それでは、五大栄養素の覚えいやすい語呂合わせを紹介しましょう!

 

五大栄養素の覚え方!-簡単語呂合わせ-

五大栄養素
栄養素名 主な働き 多く含む食品
「た」炭水化物(糖質) エネルギー源になる 米、パン、麺類、いも、砂糖
「し」脂質 エネルギー源になる バター、マーガリン、植物油、肉の脂身
「た」たんぱく質 体の組織をつくる 肉、魚、卵、大豆製品
「む」ミネラル 骨や歯をつくる・体の調子を整える 海藻、牛乳、乳製品、小魚
「び」ビタミン 体の調子を整える 緑黄色野菜、果物、レバー

 

語呂合わせは、五大栄養素の頭文字「た」「た」「む」「び」「し」

「た た む び し!」

洗濯物をビシッとたたむイメージで覚えてみてはいかがでしょう(^^)/!

 

ちなみに炭水化物は、糖質としばしば同義として使われますが、

正確には食物繊維と糖質を合わせた化合物のことなので、

炭水化物=糖質+食物繊維

とイメージしておけば大丈夫です。

糖質は体のエネルギー源となりますが、食物繊維は体から排出される物質なので、栄養学の定義上、食物繊維のことを《栄養素》とは言わないのですね

必須アミノ酸(9種類)の覚え方!-簡単語呂合わせ-

 

タンパク質は、皮膚、筋肉、臓器、髪の毛など、体の約 30%を構成している大事な栄養素。

 

タンパク質には実に10万以上もの種類があるといわれていますが、

それらはわずか

20種類のアミノ酸の組み合わせ

で作られています。

 

20種類のアミノ酸のうち、9種類のアミノ酸は

「必須アミノ酸」

と言って、体内で作ることができないため、食べ物から摂る必要があります。

アミノ酸
必須アミノ酸9種類

「フ」  フェニルアラニン
「ロ」  ロイシン
「バ」  バリン
「イ」  イソロイシン
「ス」  スレオニン(トレオニン)
「ヒ」  ヒスチジン
「ト」  トリプトファン
「リジ」  リジン(リシン)
「メ」  メチオニン

( )は別名なのでどちらでも良いです。

↓↓

「風呂場、イス独り占め!」

 

ちなみに、参考書によっては、非必須アミノ酸の「アルギニン」も、必須アミノ酸として紹介される場合もあります。

「アルギニン」を入れた必須アミノ酸10種類の語呂合わせはこちら

必須ミネラル(16種類)の覚え方!-簡単語呂合わせ-

 

五大栄養素の一つミネラル。

 

ミネラルは、英語でmineral=「鉱物」という意味のため、別名「無機質」とも言われます。

 

私たちの体の約95%を構成している4大元素(炭素、水素、窒素、酸素)以外の残りの約5%は、

ミネラル(無機質)で構成されています。

 

ミネラルといえば、血液に必要な《鉄》、骨や歯をつくる《カルシウム》などがすぐに思い浮かびますが、

人間の体に必要な必須のミネラルは16種類もあります。

ミネラルは、体内で作れないため、食べ物から摂取する必要があります。

必須ミネラル16種類
ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素

▼語呂合わせはこちら▼

毎日食べたい基本の和食材「まごわやさしい」とは?

 

日本人の伝統的な食生活は、お米を主食として、野菜・芋類・魚介・海草類などを副食とするスタイルを長く続けてきました。

これは体に必要な栄養素をたっぷりと含んだ理想的なかたちです。

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

(孫は優しい)は、健康な食生活に役立つ和食材の、最初の文字を覚えやすく言いあらわしたものです。

まごはやさしい

→スマホの方は横スクロールで表が見られます→

なまえ 代表食材 はたらき 一日目安摂取量
「ま」 納豆・大豆・豆腐 大豆はタンパク質、ミネラル豊富・栄養バランス満点 豆腐1/2丁 納豆2パック
「ご」ごま ごま・ピーナッツ・くるみ・栗 ごまはタンパク質・脂質・ミネラルたっぷりでアンチエイジング効果も すりつぶしたり刻んで吸収力アップ
「わ」わかめ ひじき・わかめ・のり・昆布 カルシウムなどのミネラルが豊富 海藻類は酢や油と組み合わて吸収力UP
「や」やさい ほうれん草・とまと・白菜・キャベツ βカロテンやビタミンCが豊富・体の抵抗力を維持 一日350g
「さ」さかな 青魚・鮭 DHA・EPA・タウリンが豊富で血液サラサラと疲労回復効果も 週に5-7食ほどが目安
 「し」しいたけ 椎茸・しめじ キノコ類は食物繊維・ビタミン・ミネラル豊富で低カロリー 日光に当てるとビタミンD量UP
 「い」いも じゃがいも・さつまいも・里芋 炭水化物の糖質・食物繊維が豊富 根菜類は腸内環境を整える

 

まとめ

各栄養素をバランスよくとるための鉄板の和食材「まごわやさしい」を意識して、

五大栄養素を取り入れながら、毎日の食事に積極的に取り入れて健康生活にお役立てください(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です