万能調味料マッサの作り方!醤油の代用OK&カルディ商品がテレビで話題に!

パプリカ

 

自宅で作り置きOK、健康的で長期保存可能でどんな料理にも合う万能調味料。

  • 塩レモン
  • 塩麹
  • 酢玉ねぎ
  • ニンニク醤油

などなど、あなたも一度はチャレンジしたものがあるかもしれません。

なかでも、

「醤油の代わりに使える万能調味料」

として今話題となのが、ズバリ

「マッサ・Massa」!

…名前だけでは全く何なのかよくわからないのですが、

・インスタ映えの色鮮やか万能調味料
・お家でカンタンに作れる!
・カルディでも買えるとテレビで話題

とくれば、要チェック!

 

マッサ(Massa)は赤パプリカが主役の万能調味料

 

マッサとは、ポルトガル生まれの万能調味料。

正式名称は、

Massa de Pimentao(マッサ・デ・ピメンタォン)

赤パプリカを塩で漬けたペースト状の調味料のことです。

https://twitter.com/porto_do_porto/status/1238444759158362113

マッサは日本のしょうゆ?!

 

パプリカと粗塩さえあればすぐに作れて、色々なお料理に使えるマッサ。

本場ポルトガルでは、日本の味噌やお醤油のように、どこの家庭にもあるポピュラーな食材の1つなんです!

マッサ

家庭で大量に手作り!日本のお味噌みたいです

 

色は真っ赤ですが、もちろん辛味はなくパプリカの旨みが濃縮されたさわやかな後味が特長で、どんな食材にも合う万能調味料。

  • パスタソース
  • パエリア
  • 肉料理
  • 魚料理

など、あらゆる料理に相性がバツグンなんだとか。

 

パプリカの栄養は最強

 

パプリカといえば生サラダくらいしかあまり用途が無い?と思いがちですが、海外では

・オリーブオイルをかけてじっくりローストに
・パプリカパウダーとして隠し味に

など、甘みのあるパプリカはとてもポピュラーな食材の一つ。

 

特に、赤パプリカには、ビタミンCやカロテンなどの、美容健康に効果的な栄養がたっぷり。

 

パプリカは壊れにくいビタミン

 

パプリカのビタミンCは、レモンの約2倍もあると言われています。

 

通常壊れやすいと言われている野菜のビタミンも、

パプリカに含まれるフラボノイド(植物の色素)が加熱後のビタミン損失を防いでくれるので、炒め物などにも最適。

 

マッサがお肉と相性いい理由

 

マッサがお肉料理と相性がいいというのは、科学的な理由もあります。

パプリカに含まれる“プロテアーゼ”という

「たんぱく質分解酵素」

の働きがお肉が柔らかくして、マッサの酸味や旨味がよりお肉に浸透しやすくなるためです。

 

お肉にパイナップルを組み合わせる酢豚や、生姜焼きや塩麹なども「たんぱく質分解酵素」を利用した調理法です。

マッサ(Massa)の作り方!家で簡単に作れる!

 

マッサのレシピは色んなサイトで紹介されていますが、

やはり手間なく、カンタン、早いが一番!

 

ということでクックパッドサイトを参考にご紹介しましょう。

 

マッサの作り置きレシピ

 

材料はパプリカと塩さえあればOK。

材料
  • 赤パプリカ 2個
  • 塩 大さじ4
  • オリーブオイル(お好みで)

 

作り方
  1. パプリカは、ヘタと種を取って6等分に
  2. 多めの粗塩をまぶし、タッパーや瓶などに入れて冷蔵庫で2日〜1週間ほど寝かせる
  3. パプリカの水分が出たら水気を切って、好みでオリーブオイルを加えてフードプロセッサーでペースト状

 

マッサ

引用:news.cookpad.com

↓2日後↓

マッサ

引用:news.cookpad.com

下の写真が2日後の様子。

塩の浸透圧の作用でパプリカ中の水分が脱水され、どんどん旨味が凝縮されていきますね!

 

手作りマッサの保存目安は?

 

保存はそのまま瓶ごと冷蔵庫へ。

 

パプリカ2個から約120gのマッサが作れて、保存の目安は1~2か月は可能とのことのこと。

 

マッサといえば赤パプリカが一般的ですが、黄や緑のパプリカで試しても、同じように作れるみたいです。

 

なんと色鮮やかな…これは「インスタ映え」間違いなし!

 

マッサ(Massa)パプリカソースのアレンジメニュー

 

しっかりと味がついていてパプリカのうま味が凝縮された、マッサ。

マッサは魅力的だけど、ポルトガル料理なんて馴染みないからどうやって使うの?と思った方は心配無用。

  • お醤油の代わりに
  • 味噌の代わりに
  • ソースの代わりに
  • 塩やこしょうの味付けの代わりに

など、いままでの塩気のある調味料のかわりに使いこなせばOKなんです。

和え物や肉料理に最適な調味料といえます。

こんなに使えるマッサ!

 

今までの調味料をマッサに置き換えてみると…

・目玉焼きに
・冷や奴にマッサとオリーブオイル
・肉や魚の下味に
・肉や魚ソテーの仕上げに
・ハンバーグや肉団子のたねに混ぜる
・チャーパンや炒め物の味つけに
・スープの味つけに
・和え物に
・生春巻きのソースに
・スパゲティソースに

などなど、マッサは塩気・甘み・酸味のバランスが良く、パプリカの爽やかな香りがあるので、

用途は無限に広がりますよ~!

 

マッサ(Massa)は通販やカルディでも買える!

 

まだ日本でなじみのない調味料マッサですが、

ネット通販や、店頭ではカルディで購入できますよ!

▼カルディのマッサは現在アマゾンのみ取り扱ってるようです▼

 

ナスと豚肉を使った、味付けはマッサだけの簡単パスタ。おいしそう!

マッサ

引用:www.kaldi.co.jp

 

 

▼こちらは別メーカーのマッサ!お値段もオトクです▼

 

万能調味料マッサの作り方!醤油の代用OK&カルディ商品がテレビで話題まとめ

 

パプリカの栄養をそのままぎゅっと閉じ込めた新感覚調味料「マッサ」。

・栄養・美容効果絶大
・作り方もカンタン!保存もできる
・味のバランスよし
・どんな調味料とも代替えできそう
・見た目鮮やかキレイ

作ってみる価値あり&間違いなく次の手作り調味料ブームの主役ですね。

パプリカの新しい食べ方で、どんどん美しく健康的になっちゃいましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です