アローカナ(青い卵)はなぜ青い?たまごの栄養や親鶏の性格は?

アローカナ

 

幸せの青い鳥ならぬ「幸せの青い卵・アローカナ」。

チリ原産のアローカナ(Araucana)という鶏が産む、青い卵をご存知ですか?

アローカナ卵は、青色なので見た目は美しいものの、食べるとなると少し抵抗があるように思いますが、

実はグルメな食通の人を中心に、ネット通販でも人気があるんです。

それもそのはず、アローカナ卵は、普通の卵の黄身よりもすごくコクがあり栄養価が高く、

とてもおいしい卵なんだそうでうす。

そもそも、なぜアローカナの卵は青いんでしょう。

 

アローカナ鶏の原産国と名前の由来

 

 

アローカナ (Araucana) は、南アメリカのチリ原産のニワトリの品種、殻の色が薄い緑色~青色をした卵を産みます。

全体的にカラダがずんぐりむっくり、尾羽が無くて、ほっぺに大きな飾り羽(耳羽)があるのが特徴です。

まんまるのお尻が可愛らしく、日本でも飼育だけでなく、ペットとして飼っている人も。

 

アローカナ

雄鶏 Aracuana Cock qutside by Ickemitder45

 

アローカナ (Araucana)という名前は、チリのアラウカノ族 (Araucanos) が飼育していた

「コロンカ」と「クエトロ」という種を交配選抜した品種のため、アローカナ (Araucana) と名付けられました。

 

▼中央がアローカナの卵▼

アローカナ

A blue egg laid by an Araucana hen, with brown ones.by Julian Berry

 

薄い緑~青色の殻をした卵を産むことで有名なアローカナの卵。

アローカナは品質改良がされていない鶏なので、

産卵能力が低いため、一度にはたくさんは産めない貴重な卵だそうです。

 

アローカナ鶏の性格

 

アローカナは、元は採卵鶏ではありますが、ペットとしてもよく出回っている品種です。

 

性格は、比較的おとなしく、他の品種(烏骨鶏など)とも揉める事も少ないので、ペットにも向いているそうです。

 

鶏は体が大きめでずんぐりしているのに、あまり卵は産まない、しかも臆病なところもあるので、

他の鳥からはイジメられやすいんだとか。

 

飼い主さんはしっかり面倒を見てケアしてあげないと、いつの間にかストレスを溜めてしまうかもしれませんね。

 

アローカナ鶏の卵はなぜ青い?

 

卵は卵管内で卵黄、卵白、卵殻の順に約24~27時間かけてつくられます。

 

褐色・さくら色・白色・薄い青色…

など、鶏の卵の色はさまざまあり、親鶏の種類によって色が違いますが、

たまごの色を決める色素は「プロトポルフィリンprotoporphyrin」という名前の物質で、

卵殻が形成されるときに「プロトポルフィリン」色素が沈着し、色素の配合具合で色がつきます。

 

アローカナは青色になるポリフィリン色素の割合が強く、その色素の働きにより、青色の卵が作られます。

 

アローカナの卵は、「青色」という色の特異さが消費者に珍しがられていますが、

青色というのは、本来、食欲を減退させてしまうもの。

 

ところが、アローカナの卵は、見た目のユニークさよりも、

実際に、黄身が濃厚でとても美味しいため、

栄養面でもウコッケイ以上に、今、注目されています。

 

アローカナ鶏のたまごの栄養が豊富!

 

アローカナ卵の特徴は、何と言ってもその栄養価!

一般的な卵と比較して、アローカナ卵は栄養価が高いことが大きな特徴です。

【アローカナ卵の栄養】

レシチンが約 2 倍…老化防止成分が普通の卵のおよそ2倍
ビタミンBが約 10 倍から20 倍…疲労回復、免疫力増加
ビタミンEが約 11 倍…血液をサラサラにする、新陳代謝が活発になる

引用:わだ家|アローカナ卵

https://twitter.com/bottisurou/status/1287647875137040384?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1287647875137040384%7Ctwgr%5E&ref_url=https%3A%2F%2Fbiquet.info%2F%3Fp%3D3200

 

とくに、黄身の割合が普通の鶏に比べてやや多く、卵かけご飯やゆで卵にすると最高なんだそう!

色が珍しくて、美味しくて、貴重な卵、

どんな食べ方でも美味しく食べられるそうです。

 

 

アローカナ(青い卵)はなぜ青い?たまごの栄養や親鶏の性格は?まとめ

 

アローカナの卵は、貴重で栄養価も高い珍しい卵ですが、通販でも購入できるため、

どんな味がするのか、私も一度は食べてみたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です