アイルランド(アイリッシュビーフ) 牛肉の安全性は?通販で購入もできる?

アイリッシュビーフ

 

近年、日本への輸入が急速に増えているアイルランド産牛肉、通称『アイリッシュ・ビーフ』。

アイリッシュビーフは、赤身なのに柔らくてヘルシーで美味しいのが特徴で、

健康志向の人や、お肉ラバーの間でも大人気!

人より牛が多い島国アイルランドで、のびのび育てられたアイリッシュビーフ、その美味しさの秘密や安全性は?

アイルランド(アイリッシュビーフ) 牛肉とは?

 

アイルランド産牛肉「アイリッシュビーフ」は、

“牧草育ちのヘルシー牛肉“

として、品質高く、世界中のミシュランレストランから賞賛される美味しさが特徴です。

アイリッシュビーフの特徴
  • アイルランド産ヘルシー牛肉
  • グラスフェッドビーフ(牧草だけで飼育)
  • 赤身でも細かなサシが入って肉質がきめ細やか
  • 抗生物質、ホルモン剤不使用
  • プロ絶賛の柔らか赤身肉
  • 栄養豊富(タンパク質・オメガ3脂肪酸・鉄分・ビタミン)

アイリッシュビーフは、赤身肉として適度な噛み応えがありつつも、

口の中でしっかり嚙み切れる柔らかさ。

味わいは淡白ではなく、ちょうどよい程度の風味を保ちつつ、

胃にもたれることのない軽さを感じられるのだとか。

 

世間一般のイメージには、

赤身肉と脂身 → 噛み切れない、胃がもたれる
グラスフェッドビーフ→ 独特の臭みがあって苦手

というお肉のマイナス面の声も聞かれますが、

アイリッシュビーフは、このイメージとはずいぶん違うようですね♪

 

アイルランド(アイリッシュビーフ) の安全性は?

 

2020年、アイルランド政府食糧庁(Bord Bia: ボード・ビア)は、

アイルランド産グラスフェッドビーフの特長を紹介するウェブサイトや動画も日本向けに公開。

食の安全性への取り組みも紹介しています。

コチラのウェブサイトによれば、アイリッシュビーフは抗生物質、ホルモン剤不使用。

Bord Bia (アイルランド政府食糧庁) の国家的プログラム“ORIGIN GREEN“により、

食の安全性については、厳しく管理されているのだとか。

 

近年、外国産牛肉でも、とくにアメリカ産牛などはホルモン剤使用で、安全面が不安視されるなか、

アイリッシュビーフは、大自然の理想的な環境で育てられたグラスフェッドビーフということが大きな特徴のようです。

 

通常、牧草だけを食べて育つグラスフェッド(牧草飼育)は、しっかりした歯ごたえと独特の草のニオイがあり、

食べ慣れない日本人にとっては

「臭い」

「硬い」

と懸念される声も多いですが、アイリッシュビーフは、赤身なのに細かなさしが入って肉質がきめ細やか。

ステーキで食べても柔らかく、あっさりした味わいなんだそう。

 

また、生の牧草を多く食べることで、健康オイルの代表格・オメガ3脂肪酸の配合が多いのも特徴です。

なんだかアイリッシュビーフって、いいことばかりですね(笑)。

 

アイルランド(アイリッシュビーフ) が美味しい理由

 

「アイルランド」のイメージといえば、

音楽や文学、スポーツなどの文化交流が盛んな面もありますが、

一般的には、

イギリス近隣の小さな島国…

ぐらいのイメージの方も多いのではないでしょうか。

アイリッシュウイスキーは日本でも人気ですね♪

 

しかし!そんな島国アイルランド、

実は牛肉が世界第8位、バターが世界第3位の畜産物主要輸出国ってご存じでしたか?

 

アイルランドは人口500万人弱、国土面積は北海道より少し小さめですが、

国内に650万頭の牛が飼養されていて、文字通り人よりも牛が多い国です。

 

アイルランドは畜産業の長い歴史と伝統があり、輸出品の中心は

牛肉と乳製品、豚肉、シーフード、アルコール

が続きます。

 

2019年には牛肉65万トンを世界に輸出していて、

そのほとんどがお隣のイギリスとEU向け、「高品質な牛肉」として、フランスの高級レストランで消費されています。

 

アイルランドは自然豊か!

 

アイルランドの牛や羊は、

  • 温暖な気候
  • 豊かな牧草
  • 肥沃(ひよく)な土壌
  • 澄んだ空気

と、理想的な自然環境の元で生育されています。

「アイルランドは1日に四季がある」とも言われるほど、ほぼ毎日雨が降り、

牧草が成長しやすく、1年のうち10カ月は牧草が茂っているのだとか。

 

そんな環境なので、年間の3分の2は牛を放牧していて、飼養牛のエサも自然の牧草です。

 

大自然をそのまま生かした広大な牧場で、育てやすい環境がバッチリそろっているというワケですね!

 

アイルランドの牛肉を味わうには?通販でも購入できる!

 

柔らかくておいしい赤身肉のアイリッシュビーフ!

ぜひ食べてみたいですよね。

まだまだ多くは出回っていないアイリッシュビーフですが、

一部レストランメニューとして提供されていたり

通販ではふるさと納税でも取扱いがあるので、お家でも手軽に味わうことが出来ます。

 

アイリッシュビーフが食べられるレストラン

 

2020年時点で、アイルランド産グラスフェッドビーフ取り扱い店として紹介されていたレストランはこちら(※1)

ねぎし
https://www.negishi.co.jp/

DISTRICT-KIMPTON SHINJUKU TOKYO 
https://www.kimptonshinjuku.com/jp/tokyo-restaurants/district/

ワインファーム TAMURA
https://www.wine-farm-tamura-nakameguro.com/

 

通販でもアイリッシュビーフ!

 

▼ふるさと納税での取扱いはこちら

 

▼アイリッシュビーフ取扱店はこちら

 

まとめ

 

【参考文献】

※1)プレスリリース│アイルランド政府食糧庁

prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000049060.html

(2022年2月時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。