すき家の牛肉の部位や産地はどこ?ホルモン剤使用や危険度は?

すきや-

 

今日は美味しい牛丼を安くてがっつり食べたい!となったら

・すき家
・吉野家
・松屋
・なか卯

などのチェーン店が浮かびますが、あなたはどのお店が好きですか?

中でも、味もおいしい、具材とごはんの割合に対しての値段=「コスパ」が最強!とウワサの

♪すき家の牛丼♪

でも、おいしくても食の安全性が最優先ですが、すき家の牛肉は一体どこから来てるんでしょう。

すき家の牛肉の産地や部位・量や安全性などを調べてみました。

 

すき家の牛丼の部位はどこ?

 

「牛肉」といっても、その部位はさまざま、味も値段も全く違います。

 

すき家の牛肉はどの部位なのかということは、ゼンショー&すき家のホームページでは見つけることは出来ませんでした。

 

ですが、「ZUUオンライン」というメディアの2014年の記事によると

(すき家を運営するゼンショーホールディングスの)牛丼に利用される部位である北米産の冷凍ショートプレートは、10月時点で1キログラム当り1081円となり、1年前の555円から2倍近い価格になっている -ZUUonline.com「なぜ円安になると牛肉が高騰するのか」-

となっていました。

このサイトは、経済ジャーナリストが中心に執筆しているので信頼性は高いと思います。

 

牛肉部位のショートプレートって?

 

先ほどお話しした「ショートプレート」とはどの部分かというと、

ショートプレート

一番下の真ん中部分、つまり日本語では

「もとばら」

と言って

いわゆる「ばら肉」のことです。

 

ショーとプレートは、胸から腹にかけて続くあばら肉(ロッ骨)についたお肉で、

赤みと脂が薄い層が交互に重なっていて、甘みがある脂が特徴です。

 

スライサーで切って商品化しやすく、そして安く提供できるので、スーパーでもお肉の「ばら肉」は家計に優しいお肉の一つですね。

 

すき家の牛丼の産地はどこ?

 

牛肉は美味しいだけではなく、誰でも安全安心なものを食べたいですよね。

 

そもそもすき家の牛肉はどこから来ているのでしょうか。

 

すき家の牛肉産地はアメリカ&オーストラリア産

 

すき家を運営するゼンショーホールディングスのホームページによると

ゼンショーグループでは、アメリカやオーストラリアから牛肉を輸入しています。
(中略)国よりも厳しいゼンショー基準で安全を管理。 特にお客様が不安を感じていたアメリカ産牛肉は、ゼンショーSFCを策定し、より細かい監査を行っています

とのこと。

 

「ゼンショーSFC」とはゼンショーグループが独自に設けた安全管理基準で、国よりも厳しくBSE(狂牛病)問題にもとりくんでいると紹介されていました。

ゼンショー

 

(1)牛が出生した時期や場所が明確であること
(2)すべての育成期間を通じ、BSE感染の原因となる飼料が一切与えられていないこと

この2点を満たす健康な牛の肉だけを使っているそうです。

 

すき家の牛丼の産地!ホルモン剤や安全性は?

 

日本で消費される国産牛肉は約40%、半分以上の60%は輸入牛肉です。

 

《輸入牛肉の内訳》

・オーストラリア 35%
・アメリカ 20%
・ニュージーランド 2%
・その他 2%
(平成27年度農林水産省調べ)

 

すき家の牛肉も、オーストラリアとアメリカの2強の輸入肉に、ほぼ100%頼っている状態です。

 

日本、中国、ロシア、EUでは禁止されている成長(肥育)ホルモン利用ですが、国が違えば事情は異なります。

 

実際、アメリカ産牛肉はほぼ成長(肥育)ホルモンが使用されていて、

オーストラリア産のオージービーフも、国としては肥育ホルモンの利用は認められているため、

全オーストラリア生産量の4割程度に肥育ホルモンを使用しているのが現状です。

 

外食で牛丼を食べるなら、「国産牛」「オーガニック」とハッキリ明記がないかぎりは、

成長(肥育)ホルモンを避けて通れない輸入牛肉。

 

安さを取るか、健康を取るか…というのは極端になってしまいますが、

その分しっかりした安全管理基準をされていることを信じて利用するしかありませんね!

 


すき家の牛丼はコスパ最強?吉野家・松屋・なか卯と比較

 

すき家の牛丼といえばライブドアニュースが2017年8月に、

【牛丼持ち帰りコスパ調査!】

と題して“牛丼のお持ち帰りはどのチェーンがお得なのか”行った記事がありました。

 

その調査によると各店の値段やカロリーの実際の結果がこちら

メニュー名(並) 値段 全体の重さ 全体中具材料の重さ カロリー
すき家 牛丼 350円 386g 87g 656kcal
吉野家 牛丼 380円 357g 84ℊ 669kcal
松屋 牛めし 380円 365g 93ℊ 736kcal
なか卯 和風牛丼 350円 335g 73ℊ 715kcal

※松屋メニューは関東のみ

 

各店舗の牛丼3つずつ合計12個の牛丼の、全体の具材と白米をばらばらに分けて、その重さの割合&コスパ率を調べたところ、もっともコスパのいい牛丼1位は

すき家(約90.7円/100gあたり)

次いで、

・なか卯(103.5円)

・松屋(103.9円)

・吉野屋(106.4円)

という結果に!

 

店舗や店員さんによっても盛り具合は変わるのでは…というツッコミはおいておいて、とにかくすき家の牛丼が一番お得感あるようです(笑)

 

ちなみに、2020年9月現在の店頭表記は、

松屋の牛めしが320円と値下げされ、カロリーもその分692kcalとサイズダウン、

なか卯は逆に380円と値上げしていますが、692kcalとサイズダウン、

すき家はなぜか、お値段据え置き350円なのに、733kcalとボリュームアップしているので、

やはり【すき家の牛丼はコスパ最強説】は今も健在…といえるかもしれません!

 

すき家の牛肉の部位や産地はどこ?ホルモン剤使用や危険度は?まとめ

 

食の安全性というと、特に安い輸入肉に対しては

「成長(肥育)ホルモン」

を使っているのではと問題視される声は常にありますね。

ゼンショー社の理念は

世界中の人々に安全でおいしい食を手軽な価格で提供する」

「消費者の立場に立ち、安全性と品質にすべての責任を負い、食に関わる全プロセスを自ら企画・設計し、全地球規模で運営する」

とのことです。

牛肉だけでなく、玉ねぎやにんにくなどの他の食材、そしてお米など他の食材についても、国産や輸入のもの関係なく、

これからもしっかりした管理体制を公表して、安心して食べられる食事を提供してもらえるように期待しています♪

牛皿

すき家の牛皿の量は何グラム?持ち帰り(テイクアウト)でコスパ良し!

2020年9月11日
うなぎ すき家

すき家のうなぎ(うな丼)産地は危険?期間や終わりはいつまで?

2020年9月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です