ピンクスライム肉とは?日本とアメリカのマクドナルドの実態も!

 

ピンクスライム肉とは、2012年ごろ世界的に大バッシングの対象となった加工品のミンチ肉。

一言でいうと、大腸菌で汚染されたリスクのあるお肉を無理やりアンモニアで殺菌消毒したお肉です。

見た目も製造過程もヤバそうなんですが、アメリカでは今でも合法な加工方法です。

かろうじて日本には輸入されなかったピンクスライム肉ですが、

とはいえ、日本も決して安心はできません。

 

ピンクスライム肉とは?

 

ピンクスライム肉は、本来破棄されたり家畜に与えるはずの食肉を取った後の牛骨についてる肉片(くず肉)をこそぎ取り、

その肉ペーストを加熱してアンモニアガスで殺菌消毒してミンチ肉にしたもの。

 

閲覧注意!画像ですでに食欲を失う…

 

「ピンクスライム」(pink slime)とは、アメリカの食肉産業で

LFTB (lean finely textured beef)
BLBT (boneless lean beef trimmings)

と呼ばれる畜産副産物全体に対する批判的な名称です。

 

LFTBの規制についての方針は国や地域によって違いがありますが、

アメリカでは、現在も牛挽肉や牛肉加工品への添加が許可されている加工技術。

 

つまりアメリカにおいてはピンクスライム肉は合法ということ。

 

なぜアンモニアで消毒するの?

 

お肉をアンモニアで殺菌消毒する理由。

それは、原料部位には糞便に触れる皮革に近い部分など、

もっとも雑菌の多い部分が含まれる可能性があり、

人間の食中毒の原因となる、大腸菌やサルモネラ菌などの細菌を死滅させる目的があるからです。

 

ピンクスライム肉・アメリカでは合法

 

アメリカ食品医薬品局は抗菌剤としてのアンモニアをGRAS(安全と認められる)リストに記載していて、

アンモニアによる殺菌処理は、お肉以外の食品(お菓子類)など多様な食品で行われています。

 

ただ一方で、LFTB(ピンクスライム肉)は、お隣の国カナダではアンモニアを含むことから禁止されていて、

ヨーロッパでも日本でも、食品利用は認められていません。

 

にもかかわらず、アメリカの小学校の給食では、今でもピンクスライム肉が使用されているのが実態です。

 

アメリカで1番恐ろしい問題は、たとえLFTB(ピンクスライム肉)が健康上問題のない食品であっても、

くず肉が水酸化アンモニウムで防腐処理されていることに対して表記の義務がないこと。

 

つまり、消費者自身で見分けることができないため、

いつどこでピンクスライムを食べているかが分からないという実態があることです。

 


ピンクスライム肉・バッシングの発端は2012年

 

2012年3月、ABCニュースは「ピンクスライム」を取り上げ、

アメリカのスーパーマーケットで販売されている牛挽肉のおよそ70%にLFTBが添加されていることを報じました。

 

あのおぞましくヤバそうなピンクの肉が、広くアメリカの一般家庭に広まっていたことが発覚したのです。

 

海外ではこのピンクスライム肉の使用をめぐり、大バッシングの嵐。

 

逆にアメリカはピンクスライム肉を名誉棄損されたとして、さまざまな場所で訴訟問題にも発展。

ピンクスライム肉を主に加工していた食肉加工大手のAFAフーズ社も経営破綻に追い込まれました。

 

そして「良質な肉を使用している」とPRしていたはずの米マクドナルドでも

ナゲットにピンクスライム肉が使われていたことが発覚したのです。

 

ただ先ほどもお話ししたように、ピンクスライム肉は、イギリスやカナダで食用販売することが禁じられている反面、

アメリカでは農務省によって「安全性に問題なし」とされているため、

マクドナルドや他のファストフード店はピンクスライム肉を使っていても違法ではありませんでした。

 

ただ、世界的なバッシングの流れを受けて、2012年中にアメリカマクドナルドは、

「ピンクスライム肉の使用を安全のために中止する」

と発表。

 

現在まで、もちろん品質改善されているとはいえ、

私だったら今でもアメリカでマクドナルドを食べる勇気はないかもしれません…。

 

↓カナダのマクドナルドが公開したマックナゲットの製造過程

 

マクドナルド・カナダが公開したチキンマックナゲットを作る工程の動画をみると、

原料はちゃんとした鶏むね肉です。

 

それを細かくミンチして鶏皮少しと調味料を混ぜ、衣を付けて揚げたのがチキンマックナゲットになるんですね。

 

同じような動画がマクドナルドUSAであるかどうか探したのですが見つけられませんでしたが、

少なくともカナダのチキンマックは安心して食べられそうです…(笑)

 

ピンクスライム肉・日本では禁止

 

日本では、ピンクスライム肉の加工過程で使われる「水酸化アンモニウム」の使用自体が食品衛生法違反となるので、

ピンクスライム肉を口にすることは、最初からありませんでした。

 

ピンクスライム肉…アメリカがいくら「安全」とお墨付きをしていても、あの画像を見てしまうと…食べたいと思えませんよねw

 

しかし、記憶に残っている人もいるかもしれませんが、

日本マクドナルドでも、2014年~2015年には、

消費期限切れの中国産鶏肉や異物混入など、食の安全に関わる問題が相次ぎ、業績が悪化し、

2015年12月期決算では、過去最悪の赤字に転落してしまいました。

 

つまり日本人は、ピンクスライム肉よりも粗悪なお肉を食べていたかもしれません…!

 

そして、

「マクドナルドのバンズは(添加物が多すぎて)腐らないらしい」

という、信じがたい都市伝説までまことしやかに囁かれる始末。

 

ただ、現在は企業努力の甲斐あって、日本マクドナルドは2017年12月期決算で過去最高の黒字に回復、

徹底した品質管理により力を注がれているので、食べても安心だと信じましょう!(信じたい…)

ピンクスライム肉とは?日本とアメリカのマクドナルドの実態まとめ

 

日本でもどこでも、普段何気なく食べている食品が、どのように加工されているのか知ることは大切ですね。

アメリカで合法である以上、ピンクスライム肉=悪と決めつけるのは良くないですし、

くず肉を使ったお肉と言えば、日本のファミレスでも広く浸透してる成型肉も似たようなモノかもしれませんが…

自己責任とはいえ、食の安全性を改めて見直すことも肝心です。

 

成型肉は安全なの?続きはコチラもクリック

成型肉とは?見分け方の表示やカロリー&安すぎるのは要注意!

2019年10月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です